週刊OSM 417

2018/07/10-2018/07/16

    Logo

    Orientation of streets in European cities 1 | © Geoff Boeing, Tobias Kunze © map data OpenStreetMap contributors

マッピング

  • Warin氏はゴルフコースのマッピングをしようとしているビギナーマッパーを見つけました。彼はタグ付けメーリングリストでゴルフコースのタグ付けについて現在のWikiページの内容に不満を漏らし、どのようにマッピングすべきか語っています。彼のメールが引き金となり長い議論が続くメーリングリストでは芝生の高さによってティーグラウンドを判断することが理にかなっているということがわかります。
  • Leo Gaspard氏は道路の領域にlanduse=highwayをタグ付けできるよう訴えています。道路の領域に舗装状態などを追加したいと考えているためです。メーリングリストで続いた議論でも指摘されましたが、area:highway=*のほうが既に広く使われており、舗装状態などを示すオプションタグも定義されています。
  • スイスのメーリングリストではパラグライダーを使って独自の空中写真を作成したDanilo氏がその手法を紹介しています。彼は撮影した写真を処理するツールとしてopendronemap.orgを使っています。彼が作成した空中写真(巨大なJPEGファイルです)を見ると、この方法には期待が持てそうです。
  • ひとつの交差点につき、いくつ信号機ノードを付けてよいでしょうか?ドイツ語フォーラムで議論され、歩道の信号機にはhighway=crossing + crossing=traffic_signalsを付けるのが良いとの結論になりました。信号機が制御する方向のタグを検討しても良いかもしれません。
  • オープンナレッジラボ カールスルーエはオーストリア、ドイツ、スイスとその周辺にある農場、市場、自動販売機などを表示する地図を作りました。彼らはドイツ語フォーラムで今後の計画について説明しています。開発はGitHubで行われていて、開発に参加したり自分の好きな場所の地図を作ったりできます。
  • Warin61氏は短い期間しか存在しない水域へのタグ付け「ephemeral」を提案しています。
  • 一時的に滑走路として使われる道路へのタグ付け提案(aeroway=highway_strip)が投票を受付中です。投票の期限はは7/31です。

コミュニティ

  • OSM APIのマスターサーバーの移転(以前お知らせしました)が決まり、ロンドンのインペリアル・カレッジからアムステルダムのエクイニクスデータセンターに移動されます。移転作業に伴いマスターサーバーの機能がヨーク(イングランド)のバックアップサーバーで動作しているため、応答速度が低下しています。運営ワーキンググループはOSMコミュニティから7/25、26の移転作業を手伝えるボランティアを募集しています。
  • 米国OSMの執行役員探しはまだ続いています。
  • OSMベルギーが選ぶ「今月のマッパー」はLionel Giard(ユーザー名Anakil)氏です。Lionel Giard氏の編集方法についてインタビューをしています。
  • マッピングサーベイ中には様々なものを発見します。chris66氏はサーベイ中に地雷の様なものを見つけました。その後爆発物処理隊が呼ばれ、地元の新聞でも報道されています。ドイツ語フォーラム(自動翻訳)では爆弾穴のタグ付け方法が投稿されました。
  • OSM Award 2018の投票期限は7/26です。投票がお済みでない方はお早めにどうぞ。
  • TriplePunditに協力型問題解決の利点に関する記事が掲載されました。オープンソースアプリの作製や災害対応マッピングのほかにも、リソースが少ない環境で医療データの電子化をおこなうopenRMSについても注目しています。
  • [1] アメリカの都市で道路がどの方角を向いているのかについてGeoff Boeing氏が記事を書きました。この記事をうけて、Rixx氏はヨーロッパの都市でも同じ解析を行いました。二人のPythonコードはどちらもGitHubに公開されています。この解析に使われているツールOSMnxを使うといろんなネットワーク解析が可能です。

    Mapbox社はこの解析をインタラクティブ地図に表示できるようにしました。ブログ記事では実装方法が解説されており、ソースコードはGitHubでも公開されています。

  • Uber社は運賃計算や配送車と乗客の最適マッチングにOSMデータを使っていることをOSMフォーラムで明らかにしました。また、ドライバーが発見したOSM地図の誤りを修正するテストをインドのデリ市を対象に始めるとのことです。組織編集ガイドラインに従って、編集者のプロフィールをOSMページに記載し、大規模なAI編集は実施しない方針であると述べられています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMFがOSMとOSMFに関連する重要な更新についてのレポートを公開しています。週刊OSMをよく読んでくださる方なら見たことがある情報も含まれますが、その他にもいろいろな情報が載っています。

イベント

地図

  • Andy Allan氏が公開する商業プラットフォームThunderforestで利用できる屋外マップの地図スタイルではハイキングコースの難易度を示すsac_scale=*に応じた表現をできるようになりました。
  • スウェーデン向けの登山地図生成サービスをSkinfaxiが始めました。地図サンプルはこちら。操作説明がないのが難点です。

switch2OSM

プログラミング

  • mmd氏が大規模な編集をアップロードするときの長い待ち時間を避けるために差分アップロードの機能を再実装しました。様々なエディタでテストされていますが、実装に隠れている問題を見つけ出すためにより多くのテスターを探しています。
  • Pythonのデータ処理パッケージPandasの地理データ拡張版GeoPandasが新しくなりました。

リリース

  • 無料の地図スタイルエディタMaputnikのバージョン1.3.0がリリースされました。
  • OSM関連ソフトウェアの更新情報を掲載するOSM Software Watchlistは毎週火曜日に更新されています。

ご存知でしたか?

  • Thomas Konrad氏はオーストリア国内で建物の公共データと比較してどのくらい建物がマッピングされているのかを確認できるウェブサイトを作りました。全体で85%の建物がマッピングされているため、彼はほぼ完全に建物がマッピングされていると見なしていますが、まだ50%を切る地域もあります。
  • Pascal氏のウェブサイトUnmapped Placesでは、OSMマッピングされていない地域を表示することができます。なお、市町村のplace=*タグから700m以内に道路が描かれていない場所を「マッピングされていない」としています。

その他の “ジオ” な事柄

  • 印刷関連の話題を扱うドイツのウェブサイトbeyong-printが様々なスタイルやサイズでOSMのデータを印刷してアート作品にしてくれるcartidaについて記事を書いています。cartidaは現在ドイツ、オーストリア、フランス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクへの発送しかできませんが、より多くの国に発送できるようになる予定です。
  • 7月16日以降、Googleマップを表示するためにはAPIキーとクレジットカード番号が必要になりました。ですが、米国政府のウェブサイトにはほぼ影響はないことがgovtech.com(米国の州および地方政府のITポータルサイト)に記載されました。すでにESRI, Mapbox, Boundless Spatialといった有料サービスに移行済みだとのことです。
  • Vizaline社は、衛星写真をもとにして土地測量をおこない、銀行ローンを貸すための基礎データとして用いていました。ミシシッピ州委員会は、土地測量は政府の業務であるとして同社を訴えました
  • OSMは編集の度にデータが改善されていくとは限りません。データの完全性や位置精度に関する研究調査が行われ、オブジェクトの履歴データを分析することでマッピングされる地物の完全性と位置精度を最大14%向上させることができたそうです。
  • 環境関連のニュースサイトMongabayにウェブサービスMapHubsに関する記事が掲載されました。MapHubsは地図や空間データの閲覧・解析をおこなう商用プラットフォームです。有料会員は様々なデータセットを使って、森林の減少を表示する地図を作ったりすることができます。
  • ウェブサイトvisualising dataの「ビジュアルデザインのヒント」シリーズで、地図の表示方法が取り上げられました。ガーディアン紙の記事を例にして地図のサムネイルと拡大表示について述べられています。

まもなく開催

    場所 名称 開催日
    バマコ OSM training at Faculté Sciences et Technologies 2018-07-16-2018-07-20 Mali
    Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-07-19 everywhere
    ハイデルベルク End of semester Mapathon 2018-07-19 germany
    エッセン Mappertreffen 2018-07-21 germany
    東京 東京!街歩き!マッピングパーティ:第21回 増上寺 2018-07-21 japan
    グレーター・マンチェスター More Joy Diversion 2018-07-21 united kingdom
    ノッティンガム Pub Meetup 2018-07-24 united kingdom
    デュッセルドルフ Stammtisch 2018-07-25 germany
    リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-07-26 germany
    マニラ Maptime! Manila 2018-07-26 philippines
    ミラノ State of the Map 2018 (international conference) 2018-07-28-2018-07-30 italy
    シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-08-01 germany
    ボーフム Mappertreffen 2018-08-02 germany
    尼崎 みんなのサマーセミナー:地図、描いてますか?描きましょう! 2018-08-05 japan
    ロンドン Missing Maps Mapathon 2018-08-07 united kingdom
    ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-08-08 germany
    Urspring Stammtisch Ulmer Alb 2018-08-09 germany
    ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
    ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
    デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
    バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
    メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

    Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 416

2018/07/03-2018/07/09

    Screenshot MapRoulette 3

    MapRoulette 3 1

マッピング

  • タグ付けメーリングリストで飲食店のメニューにurl:menu=*url:accessible_menu=*を使えるか質問がありました。
  • Selfish Seahorse氏はベルン市(スイス)にある噴水のnameタグに機械的な編集をする提案をしています。
  • OpenStreetMapブログでiDエディタからBingストリートサイド画像が使えるようになったという記事が公開されました。ブログ記事ではJOSMなど他のエディタでもストリートサイド画像が利用可能になると言っています。
  • Martijn van Exel氏がMapRouletteのバージョン3をリリースしました。MapRouletteはOSMにある問題の修正タスクをランダムに割り当てるサービスで、2013年以来約150万件のタスクが完了しています。彼は新バージョンで実装された機能についてのブログ記事を公開しています。
  • サウナへのタグ付け方法の提案が承認されました。
  • ドイツのAmazonロジスティクスチームメンバーがOSMフォーラムでOSMに不足している進行方向制限の対処方法について質問しています。彼のチームではマッピングされていない進行方向制限を地図メモで残していますが、これらのメモがタイムリーに処理されていないことを心配しているようです。

コミュニティ

  • トークメーリングリストでFrederik Ramm氏が、OSMへのデータインポートがローカルマッパーコミュニティに及ぼす影響について評価した学術論文紹介しました。インポートの影響は時と場合によって大きく異なるため、一概にインポートを推奨することは難しいと述べられています。
  • Pablo Sanxiao氏はOSMの実体が地図というより地理空間情報のデータベースで、ボランティアによるマッピング活動によって継続的に更新や改善が続けられていることを説明(自動翻訳)しています。
  • [1] Martijn van Exel氏が新しいツールMeet Your Mapperリリースしました。このツールではadmin_level=6以上の境界リレーションIDを入力すると、その領域内を編集したマッパーと編集統計を表示します。作成された統計データはダウンロードすることもできます。
  • ロサリオ市(アルゼンチン)の通りのうち11%に女性にちなんだ名前がつけられています

OpenStreetMap Foundation

  • 一部のOSMFのサーバー移転作業に伴い7/15 10:00(UTC)から30分間OSMのウェブサイトやAPIが読み取り専用になり、編集のアップロードなどができなくなります。
  • アメリカで3Dマップと地理空間分析サービスをしているCesium社がブロンズ企業会員になったことをアナウンスしました。

イベント

  • 8/24~25に愛知大学でFOSS4G Tokaiが開催されます。

OSM人道支援

  • HOTが7/11から16にかけて「コミュニティナレッジ共有ウェブセミナー」を開催し、15のHOTコミュニティからジェンダー、青少年、権利擁護、データ統合などのトピックについて体験談が共有されました。

地図

  • uMap 1.0.0 RC1が発表されました。主な変更点は、Leaflet.storageとdjango-storageの統合、Django 2.xへの移行(これにともないPython 2.xがサポートされなくなります)、パーミッションパネルの改良、カスタマイズの簡易化、フィルタリング、ユニコードマーカー対応などです。
  • Redditのsearchandrescueサブレで、不完全なOSMデータとレンダリング方法によって問題が生じる場合があることが議論されています。高難易度の山岳登山ルートと緩やかなハイキングコースが同じようにレンダリングされてしまうのです。

switch2OSM

  • OSM USのTwitterアカウントはESRIがOSM標準地図と同じようにレンダリングされるベクトルタイルマップを作ったことをツイートしました。オンラインで確認できます。
  • Bingマップでは一部の地域でOSMのデータを使って建物をレンダリングしています。対象地域で地図を拡大していくとOSMベースの建物とOSMのクレジットが表示されるようになります。OSMデータに建物の高さが登録されている場合、建物を立体的にレンダリングされます。残念ながら日本のエリアではOSMは使われていません。

オープンデータ

  • Opendata.ch(オープンナレッジ財団のスイス支部)が年次大会を開催しました。オープンデータ関連の発表だけでなく、プロジェクトへの注目度の浮き沈みが激しいために安定した資金調達が難しいことなどが紹介されました。
  • Mateusz Konieczny氏がOverpass-Turboのチュートリアルを書きました。OSMの知識やプログラム技術がない人にも役立つ内容です。

ソフトウェア

  • MapboxのDaniel氏はドローンで撮影したOpenAerialMapの画像をRoboSatで使う方法をユーザー日記で紹介しています。RoboSatは航空写真から建物を検出するAIソフトウェアです。
  • Mateusz Konieczny氏は簡単なPythonスクリプトでスクリーンショットを撮る方法を説明しています。簡単にスクリーンショットを撮れるとチュートリアルやドキュメントの作成や更新に便利です。

プログラミング

  • Michael Spreng氏はUmapで使うOverpass APIの改善をスタートさせました。彼はフロントエンド部分を手伝ってくれる人を探しています。
  • Peter Karich(GraphHopper社)がdeck.glを使った到達可能道路ネットワークの作り方を解説しています。到達可能道路ネットワークそのものは新しいものではありませんが、記事ではかっこいい表示方法についても解説されています。

ご存知でしたか?

  • オープンソースアプリOSMfocusを使うと、現在地近辺にあるオブジェクトのタグが表示されるので、タグの更新が必要であるか簡単に判断することができます。ソースコードは最近GitHubで公開されました。Google PlayからAndroid アプリをインストールすることもできます。

その他の “ジオ” な事柄

  • Ian Webster氏が「古代地球儀」を作成しました。7億5千万年前から現在まで様々な時代の地球が可視化されています。この地図から海岸線をコピーして使わないよう気をつけてください。
  • Apple社のCarPlayがサードパーティアプリでも使えるようになりました。Sygic社が発表したアプリではOSMも使えます。Mapboxも開発キット経由でCarPlayに統合できます。
  • 個人宅の表札から居住者の名前をマッピングしてはいけません、……してませんよね?
    個人情報保護のため、エホバの証人が個人宅で居住者名をメモすることがEU司法裁判所で禁止されました。マッパーのみなさんも怪しい行動はしないようにお願いします。
  • MapXplorer社のウェブアプリun|earth::をSpatialSource誌が紹介しています。このアプリではLandsat衛星写真を32年分表示することができます。ただしオーストラリアのみ対応です。

まもなく開催

    場所 名称 開催日
    ブリュッセル OSMAnd route engine hacking 2018-07-16 belgium
    ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-07-17 germany
    リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-07-17 germany
    モスクワ Schemotechnika 17 2018-07-17 russia
    カールスルーエ Stammtisch 2018-07-18 germany
    Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-07-19 everywhere
    エッセン Mappertreffen 2018-07-21 germany
    東京 東京!街歩き!マッピングパーティ:第21回 増上寺 2018-07-21 japan
    グレーター・マンチェスター More Joy Diversion 2018-07-21 united kingdom
    ノッティンガム Pub Meetup 2018-07-24 united kingdom
    デュッセルドルフ Stammtisch 2018-07-25 germany
    リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-07-26 germany
    ミラノ State of the Map 2018 (international conference) 2018-07-28-2018-07-30 italy
    シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-08-01 germany
    ボーフム Mappertreffen 2018-08-02 germany
    尼崎 みんなのサマーセミナー:地図、描いてますか?描きましょう! 2018-08-05 japan
    ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
    ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
    デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
    バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
    メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

    Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, derFred, k_zoar, muramototomoya.