週刊OSM 425

2018/09/04-2018/09/10

Pic

OSMにマッピングされた地物の変化を可視化 [1] | © HOT US Inc., © MapBox, Map data © OpenStreetMap contributors

[Actual Category]

  • EUの著作権法改定案が、先週水曜日に欧州議会の過半数を得ました。本改定案ではデータのアップロード時に著作権違反がないことをチェックするフィルターを付けることが求められており、ユーザが投稿するデータに依存するOSMやwikipediaは運営が厳しくなります。wikipediaはEUからのアクセスに対して黒いバナーを表示して抗議の意思を表明しています。OSMドイツが運営する地図でも地図タイルの一部に黒い抗議メッセージを表示しました。著作権法が成立するためにはまだ最終承認が必要です。これから欧州理事会および欧州委員会との協議が始まり、三者の承認が得られたのち、年末に最終投票が実施される予定です。

マッピング

  • Osmoseはエラー内容をKMLファイルでもエクスポートできるようになりました。MAPS.MEなどのアプリでデータを読み込んでエラーを確認できます。
  • OsmoseはMapillaryの交通標識認識機能を使ってOSMのデータに登録されていない情報をエラー表示するようになりましたが、現在この機能を使えるのはフランス、ブリュッセル、ドイツの一部に限られています。
  • waterway=riverbankは古いやりかたで、natural=water + water=riverに置き換えたほうがよいのか、タグ付けメーリングリストで議論されています。
  • タグ付けメーリングリストで長屋やテラスハウスのように隣同士の住宅が壁を共有する建物のタグ付けについて議論が交わされました。
  • Apple社のマップチームはセネガルコートジボワールチュニジアウガンダの道路ネットワークを改善するプロジェクトをスタートさせ、マップチームのAndrew Wiseman氏がそれぞれの国のメーリングリストで地元のマッパーに対して注意すべき点などを尋ねています。
  • Telenavはデトロイト(アメリカ)の地域でOpenStreetCam画像から認識された制限速度の道路標識のデータを使ってOSMに制限速度が入っていないものをMapRouletteへタスクとして追加しました。
  • Redditでは画像から半自動的に建物をトレースするツールがあるか質問がありました。マイクロソフトがbuildings footprintsを作ったツール、MapboxのRobosatやJOSMの各種プラグインBuildingsToolsLakewalkerScanaerialTracer2mapathonerが挙がっています。自動編集をする際には自動編集の行動規範を熟知している必要があります。
  • Harry Wood氏はosm2pgsqlの更新によってエリアのレンダリングが厳密になり、レンダリングされないマルチポリゴンがあるためエラーをチェックするよう繰り返し呼びかけています。

コミュニティ

  • OsmAnd開発チームがアプリの”旅行機能”を知っているかツイッターでアンケートを取っています。この機能はwikimediaのWikivoyageプロジェクトのデータを使用しています。
  • OpenStreetMapは世代をまたいだプロジェクトになりました。Florian Lohoff氏がマッパーとなった2008年に産まれた彼の息子はOSMの編集を始めています。
  • フランスの自転車愛好家達が運営するサイトRandonnées Véloではフランス語でOsmAndの使い方を紹介するチュートリアルビデオが公開されました。オフィシャルサイトには英語のドキュメントが公開されており、日本語など他の言語に機械翻訳する機能が用意されています。
  • 以前Pierre Béland氏がアフリカのマッピングプロジェクトでマッピングされたデータの品質分析を行った結果をお伝えしました。彼は同じツールを使って25個のプロジェクトを分析しています。前回と同様に変な形でマッピングされた建物が検出されていて、この分析結果は経験の浅いマッパーによってマッピングが行われた作業をフォローするためには、よりよい品質管理ツールが必要なことを示しています。
  • Tigerfell氏はOSM Wikiにあるリレーションのテンプレートを書き換える提案をしています。彼はユーザー日記で提案理由を説明し、OSMフォーラムで意見を募集しています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMのタイルレンダリングサーバーに新しくpyreneという名前のサーバーが追加されました。アメリカのオレゴン州立大学にあるOpenSystemsラボに設置されています。このサーバーの設置で北米地域からのタイルリクエストのレスポンス向上が期待できます。

イベント

  • FOSS4Gベルギーが2018/10/25に開催されます。論文地図スポンサーを募集中です。
  • オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島のOSM/FOSS4Gコミュニティが合同で開催するFOSS4G SotM Oceaniaが2018/11/20-23にメルボルンで開催されます。会議の最終日に開かれるコミュニティデイに参加するオープンジオプロジェクトを募集中です。

OSM人道支援

  • [1] HOTは最近開催されたFOSS4GでOSMにマッピングされた地物の変化を可視化するツール Visualize Change発表しました。変化する様子はウェブサイトに埋め込んだり、動画やアニメーションGIFにしてダウンロードすることができます。
  • CartONG(フランスのNGO団体)が、市民向けサービスの担当者を募集中です。マッパソンの開催、CartONGの運営、広報などが業務内容になります。
  • Janet Chapman氏は女性器切除(FGM)を根絶させるため9月28日から30日にかけてグローバルマッパソン開催します。
  • OSMベナンのLuc Kpogbe氏はベナン北部の国境地域とタンギエタ市のマッピングについてレポートしています。ベナンのコミュニティは若いマッパーを育成しています。サーベイに必要なスマートフォンはHOTの少額支援金制度を受けて購入しました。

教育

  • Mapboxのメンバーとザンジバルのマッピングコミュニティが共同でハッカソンイベントを開催しました。

地図

  • 西洋の人は普段はアルファベットの地図ばかり使っているので、いろんな文字が使われているosm.orgの地図に戸惑うことがあるようです(以前にも報告しました)。Sven Geggus氏はドイツ語地図でローカライゼーションに取り組んだ内容について詳しく解説しています。適切なタグ付け、気を付けるポイント、生じうる問題などについて述べられています。

switch2OSM

  • ドイツ語のiOS向けナビゲーションアプリMuttiが背景地図をAppleマップからOpenStreetMapに切り替えました。

オープンデータ

  • weeklyOSMで紹介されたOSM関係の学術論文が有料でアブストラクトしか読めないことが良くあります。EUおよび研究支援機構は論文を無料で閲覧できるようにする計画をアナウンスしました。2020年から始まるとのことです。
  • 英国のオープンデータコミュニティが英国住所のオープンデータ化を求めている動きの現状をOwen Boswarva氏がまとめました。

ソフトウェア

  • CartONG(フランスのNGO)は3つの商用UAV後処理ソフトウェアPix4D、Drone2Map、AgiSoftの比較を行いました。

プログラミング

  • Andrew氏がAgentMapsをGitHubで公開しました。このJavascriptライブラリを使うと、地図データを使って交通シミュレーションなどができるようになります。
  • Simon Poole氏は削除されたユーザーアカウントのUID一覧をファイルとして公開する機能をosm.orgに追加しました。ここにあるUIDのユーザーアカウントはスパム目的と判断されて削除されたアカウントです。Pascal Neis氏は既にこのリストを How did you contribute to OpenStreetMap?活用しています。
  • ハイデルベルク地理情報研究所(HeiGIT)のSabrina Marx氏はHOT Tasking ManagerのプロジェクトをJupyter Notebookohsome APIを使って分析する方法を公開しました。
  • Glassmann氏はiDエディタでオーバーレイ表示させるためのベクトルタイルを作る方法をユーザー日記に書きました

リリース

  • Wambacher氏のOSM関連ソフトウェアのリリースリストが更新されています。Komoot Android、Mapbox Nav SDK、Mapillary Android、Naviki Android、QMapShackやVespucciの新バージョンがリリースされています。

ご存知でしたか?

  • 初心者でも簡単に世界中のバス停をマッピングできるAndroid向けアプリのJungleBus
  • OpenBeerMapでは選んだ銘柄のビールを提供しているパブが地図上に表示されます。ビールの銘柄をOSMに追加するのは適切でしょうか? 議論を生みそうです。
  • クリスマスマップにはクリスマスマーケットなどのイベントが表示されます。

その他の “ジオ” な事柄

  • Randy Meech氏(Mapzenの元CEO)はPOIデータを集める新ビジネス*Street Cred labs*について解説しています。収集したデータはデュアルライセンスにしてオープン化もするそうです。TechCrunch誌でも同社の活動が紹介されました。
  • OSMのデータを使ってファンタジー風の地図を作ることもできます。この 中世ファンタジー都市ジェネレーター では美しいファンタジーの世界を作ることができます。
  • オープン地理空間コンソーシアム(OGC)地理空間AI分野ワーキンググループの素案に対するコメントを募集中です。フォーラムでの議論を通じて、AIに関するOGC標準の相互運用性を確保することを計画しています。
  • 英国陸地測量部が有料で発行している地図の中で、440番は販売数が最低です。スコットランド北部の800km2をカバーするこの地図領域は、人口200人以下で建物もほとんど存在しません。

まもなく開催

場所 名称 開催日
ポサーダス Mapatón de parajes y caminos 2018-09-15 argentina
ナント Participation aux Journées européennes du patrimoine à l’École de Longchamp 2018-09-15-2018-09-16 france
レンヌ Découverte d’OpenStreetMap aux Journées Européennes du Patrimoine 2018-09-15-2018-09-16 france
ベルリン Berliner Hackweekend 2018-09-15-2018-09-16 germany
グルノーブル Rencontre mensuelle 2018-09-17 france
トロント Mappy Hour 2018-09-17 canada
ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-09-18 germany
ノッティンガム Pub Meetup 2018-09-18 united kingdom
Lonsee Stammtisch Ulmer Alb 2018-09-18 germany
Viersen OSM Stammtisch Viersen 2018-09-18 germany
カールスルーエ Stammtisch 2018-09-19 germany
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-09-20 everywhere
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2018-09-20 austria
京都市 幕末京都オープンデータソン#06:壬生の浪士と新撰組 2018-09-22 japan
東京 首都圏マッピングパーティー 戸山公園で山登り!? 2018-09-22 japan
La Mandragore Réunion franco-allemande à Strasbourg 2018-09-22 france
宮崎 宮崎マッピングパーティ 2018-09-23 japan
グラーツ Stammtisch Graz 2018-09-24 austria
ブレーメン Bremer Mappertreffen 2018-09-24 germany
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-09-25 germany
サンフアン Maptime! Manila Meet-up 2018-09-27 philippines
ビエッラ Incontro mapper di Biellese 2018-09-29 italy
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia
リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-09-27 germany
デュッセルドルフ Stammtisch 2018-09-28 germany
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-10-03 germany
ボーフム Mappertreffen 2018-10-04 germany

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Polyglot, Rogehm, SK53, Spanholz, SunCobalt, derFred, geologist, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 424

 

2018/08/28-2018/09/03

Pic

グロスタシャー州ストラウド近くにあるセルズリーコモン(ナショナル・トレイルの一つコルツウォルドウェイの一部)の小道 [1] | Photo © 2018 Nick Johnston

マッピング

  • Joseph Guillaume氏は地下水を引き込むために掘られた地下水路へのタグ付けcanal=qanat提案しています。
  • マイクロソフトのJubal Harpster氏が英国内で名称があるはずの道路に名称がタグ付けされていない例を上げ、現地調査などで確認できるか尋ねています。
  • Nick Johnston氏が英国の小道をOSMにマッピングすることについてブログを書きました。英国の「通行権」に関する基礎知識や、地元の小道公共データを入手したこと、小道のマッピングの重要性などについて述べられています。ただし、小道の公共データは精度が悪いため、インポートには向かないことも注意されています。
  • MKnight氏はフランス領ギアナにあるプチ・サウト湖とその周辺のマッピング状況を精力的に改善しました。彼はダムの功罪についても書いています。
  • OpenSnowMap.orgメンテナーのyvecai氏がOSMのスキー場マッピングの統計をまとめました。マッピングされたコースの合計は100,000 kmを超えています!
  • 急速な都市化が進む地域のスラム街開発における空間データが及ぼす影響について評価した論文で、OSMの土地区画データについて言及されています。データ品質、検証可能性、メンテナンス性の観点から、区画レベルのマッピングをすべきなのか合意は得られていません。区画のメタデータについても同様です。なお区画データのマッピングは広まっていることとも述べられています。

コミュニティ

  • WeeklyOSMでは先日Matthias Plennert氏がOSMデータ構造に関する技術的停滞について考察した論文を紹介しました。論文では隠れたゲートキーパーの存在が停滞を招いている原因の一つであると述べられており、議論を引き起こしました。論文に寄せられた意見に対して、Plennert氏が回答を寄稿しました。
  • Noémie Lehuby氏、Florian Lainez氏、Flora Hayat氏、Jocelyn Jaubert氏らがOSMフランスのウェブサイトリニューアルしました。フランス語メーリングリストではリニューアル後の内容に関する議論がありました。
  • MySociety(英国NPO団体)が世界各国の選挙区境界データを探しています。OSMFメーリングリストにも投稿されました
  • Facebook社の活動に関する議論は様々です。LukeWalsh氏は大学の交換プログラムでFacebook社に行き、OSMマッピング活動に携わった経験を述べています
  • コソボのコミュニティではTelegramグループを用意していて、どの言語を使っていてもどこからでもマッパーが参加することができます。最近の話題はオープンデータと民族的に多様な国での物事への命名についてなどがあります。
  • 在トルクメニスタン米国大使Allan Mustard氏(ユーザ名apm-wa)が、OSM活動に関するユーザ日記を二つ公開しました。一つ目の日記では、大使という立場であったのでトルクメニスタン道路公社社長と面会することができ、OSMの国内マッピング状況について確認できたことが述べられています。二つ目の記事では、バルカン州南部に行った際にマッピングをおこない、現地の通信状況や道路状況を報告しています。なお、公開されているトルクメニスタン地図の中でOSMは一番良いと述べています。

インポート

  • Andrew Harvey氏はオーストラリア首都特別地域の建物データをOSMにインポートするため、インポートメーリングリストでライセンスやインポート方針などを表明しています。このデータには住所データは含まれていませんが60,000以上の建物が追加されることになります。
  • 洪水によって深刻な被害を受けたケーララ州(インド)で道路ネットワークのデータインポートが計画されています。インポートされるデータは機械学習を使ってFacebookが作成したものです。この計画ではFacebookのマッピングチームがインポートを行い、地元コミュニティがデータを検証することになっていますが一連の議論の中でインポート計画がインポートガイドラインに沿っていないという物言い付きました

イベント

OSM人道支援

  • FOSS4GでHOTが発表したところによると、世界銀行がOpenStreetMap-Analyticsの機能改善や新機能追加のためにOpen Cities AfricaとGlobal Facility for Disaster Reduction and Recovery(GFDRR)を通じて資金提供しているそうです。OSMAの開発と運営はハイデルベルク地理情報技術研究所(HeiGIT)が行っています。

地図

  • Laurence Tratt氏は、アルファベットを使っていない国のosm.org地図が読めないことに不満を漏らしています。Laurence氏は、ドイツ語を優先表示するopenstreetmap.deのことは知っていますが、英語優先表示の地図が欲しいようです。ドイツ語地図の管理者であるSven Geggus氏は、ドイツ語地図に使っている技術を使えば英語優先表示させることは可能であり、すでにサーバも動いていることをコメントしました。ただ、osm.orgを多言語対応するのは、ベクトルタイル移行と合わせて考える必要があり、現時点では様々な理由から難しいとも述べています。
  • 無料のAndroid向けベクトル地図を提供するOpenAndroMaps(OAM)は山頂や首都、海の深度の地図もダウンロードできるようになりました。OAMの作者は彼これらの地図を用意した背景をブログ記事で説明しています。
  • OSMデフォルト地図スタイルの管理者であるDaniel Koć氏が、地図スタイルに関する基本的な考え方の第二回目を投稿しました。地物の典型的なサイズ(ふつう、建物はベンチより大きく国より小さい)をもとに表示を開始するズームレベルが決められています。また、階層構造(例:城門はお城の中にある)も考慮されています。
  • Christoph Hormann氏が、地図の塗りつぶし模様について考察しています。メインタグ(landuse=*など)の種類で色を決めて、サブタグ(crop=*など)で模様を変える案を上げています。

switch2OSM

  • 自治体がGoogleからオープンソースツールに移行している事例を紹介する記事がwedemain.frに掲載されました。最近ではメーヌ=エ=ロワール県がGoogleマップからOSMに移行し、そのほかの組織では無料でオープンソースサービスを提供しているFramasoftに移行しています。
  • Google社がこれまで無料で提供してきたサービスに依存したビジネスをおこなっていた会社が、料金体系変更により苦しんでいる記事がGadgets360に掲載されました。記事にはGoogleの代替サービスも紹介されています。
  • etourisme.info は観光協会がOSMを採用することを勧めており、Googleマップと比べて費用だけでなくそのほかにもメリットがあることを解説しています。

ソフトウェア

  • キンシャサ(コンゴ)のマッパソンではOSMを使っているスマートフォン向けアプリの概要と使い方が紹介されました。

プログラミング

  • ハイデルベルグ地理情報技術研究所(HeiGIT)のFabian Kowatsch氏がohsome APIの最初のドラフト案を公開しました。これはOSM履歴解析プラットフォームOhsome.orgでOSMデータを解析するREST APIです。
  • manoharuss氏はOSMChaを使って疑わしい変更セットを見つける方法をユーザー日記で紹介しています。

リリース

  • Simon Poole氏はVespucciのバージョン11.1ベータを公開しました。次のような更新があります。
    • プリセット処理の改善
    • taginfoの手動検索
    • タグのコピーと貼り付けの改善
    • その他いくつかの修正

ご存知でしたか?

  • dktue氏が、スイスの高速道路に設置された距離標を表示する地図autobahnkilometer.chを作成しました。距離標のマッピング状況を確認するために作ったそうです。
  • share.mapbbcode.orgではアイコンやポリゴンを重ねた地図の共有が簡単にできます。なおこのサイトではいろんなフォーラムで採用されている[map] bbcodeを提供しています。
  • mundraub.orgでは、誰でも収穫してよい作物(主に果樹)の場所を見ることができます。”mundraub”とは「食べ物をちょっと失敬する」ことを意味しており、この運動はドイツで始まり次第に拡大しています。

メディア掲載

  • 先日OSMは都市名の一部などが人種差別に使われる言葉に置換えられるという破壊行為に見舞われました。破壊行為を受けたデータは1時間以内にMapboxチームによって修正されましたが、修正前のデータがSnapchatなど様々なサービス上で表示されることになってしまいました。この事件はTechchrunchBBCGizmodo Buzzfeednewsなどのメディアに掲載されました。OpenStreetMap Foundationの公式ブログでは破壊行為を批難する記事が公開されています。

その他の “ジオ” な事柄

  • Melanie Froude氏は地滑りの発生した地点を表示するオンラインツールを公開しました。Dave Petley氏は地滑りによる死亡事故に関する研究の一環として作成されたこのツールについてのブログ記事を書きました。このツールで使われている2004年から2016年までに世界で発生した地滑りのデータもシェフィールド大学の地理学部にいる彼ら二人が作ったものです。
  • 米国の「ラッセル上院議員オフィスビル」がGoogleマップで「ジョン・マケイン上院議員オフィスビル」に書き換えられてしまいました。書き換えた意図は不明ですが、すでに元に戻されています
  • フランス通信社のTwitterアカウントがフランス国内の救急医療施設を可視化した地図をツイートしています。地図の白い部分から救急医療施設までは30分以上かかります。

まもなく開催

場所 名称 開催日
ボーフム Mappertreffen 2018-09-06 germany
ナント Discussions et préparations 2018-09-06 france
レンヌ Réunion mensuelle 2018-09-10 france
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2018-09-11 france
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-09-13 germany
ベルリン 123. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-09-14 germany
ポサーダス Mapatón de parajes y caminos 2018-09-15 argentina
ベルリン Berliner Hackweekend 2018-09-15-2018-09-16 germany
グルノーブル Rencontre mensuelle 2018-09-17 france
トロント Mappy Hour 2018-09-17 canada
ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-09-18 germany
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-09-18 germany
ノッティンガム Pub Meetup 2018-09-18 united kingdom
Lonsee Stammtisch Ulmer Alb 2018-09-18 germany
カールスルーエ Stammtisch 2018-09-19 germany
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-09-20 everywhere
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2018-09-20 austria
京都市 幕末京都オープンデータソン#06:壬生の浪士と新撰組 2018-09-22 japan
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia
リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-09-27 germany
マニラ Maptime! Manila 2018-09-27 philippines

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, geologist, k_zoar, muramototomoya.