週刊OSM 418

 

2018/07/17-2018/07/23

Logo

オートコンプリート入力に対応したジオコーダ”Photon” 1 | © Komoot © map data OpenStreetMap contributors

マッピング

  • Ilya Zverev氏はより単純化された公共交通機関向けタグ付けルールを提案しています。彼はタグ付けメーリングリストでも現在のルールに不満を漏らしており、ミラノのSotMでも「公共交通機関とは何か」というセッションで彼のアプローチを紹介する予定です。
  • ポルトガルの研究者はOSMのデータがフリーな標高モデルの改善にどのように役立つかMDPIで論文を公開しています。この研究者はスペースシャトルのレーダーで取得した標高モデルをOSMの水路データを使って補正したデータと英国陸地測量部の公開DEMを比較したところ、補正済の標高モデルには系統誤差(定誤差)と水平精度に改善が見られると結論付けています。
  • SotMアメリカがデトロイトで開催予定です。Mikel Maron氏はSotM開催に合わせてシェアサイクルステーションのマッピングを進めています。衛星写真やストリートビュー写真を使ったデータのチェック・修正について解説記事をユーザ日記に書いています。
  • マイクロソフトの視覚障害者向けアプリケーションSoundscapeに送られたフィードバックにより、ロサンゼルス近郊のモントクレアプラザ(Wikipedia, OSM.org)周辺のマッピングが手薄だということがわかりました。マイクロソフトのSteven氏はUSフォーラムでこのエリアのマッピングを呼びかけています。
  • building=*の値は細かく分かれていて、誤った値をつけやすくなっています。タグ付けメーリングリストではbuilding=housebuilding=detachedの違いについて質問がありました。議論の中でこれらは地域によって異なった使い方をしていることがわかりました。

コミュニティ

  • フランスでIT、マッピング、通信分野を支援するために設立されたNGO団体CartONGは7月のニュースレターで2017年の活動報告と現在のプロジェクトについての最新情報を公開しています。
  • 引き続き都市にある道路の方角が視覚化されています。Kamada氏はPythonではなくPostGISとExcelを使った視覚化の方法を公開し、Baran Kahyaoglu氏は方角によって道路の着色を変える手法をTwitterに投稿しています。

OpenStreetMap Foundation

イベント

  • WeeklyOSMスペイン語チームのLaura Barroso氏は以前のSotMと同じようにミラノのSotM用アプリを提供しています。.apkファイルはここからダウンロードできます。3日間のタイムテーブルの他、TwitterのSotMアカウントへのリンクや開場までの経路検索ができる機能もあります。
  • State of the Map US 2018のウェブサイト様々な情報が更新されました。SotM US 2018は10/5~7にかけてミシガン州のデトロイトで開催されます。
  • 今年の11月にメルボルンで開催される地理情報向けフリー&オープンソースソフトウェア(FOSS4G)のカンファレンスState of the Mapの基調講演者が発表されました。
  • State of the Map Asiaは11/17~18にバンガロールインド経営大学院で開催されます。

OSM人道支援

教育

地図

  • OSMF理事会メンバーのPaul Norman氏はウィキメディアのメーリングリストへ、ウィキメディア用の地図スタイルとベクトルタイルスキーマを作った体験を投稿しました。スタイリングを改善しただけでなく、領土問題を抱える国境の表示も改善されているはずです。
  • Penegal氏はOSM Cartoスタイルの視認性向上に取り組んでおり、河川鉄道道路のテキストラベル表示間隔の改善を提案しました。

switch2OSM

  • フランスのメーヌ=エ=ロワール県ではある地図プロバイダが料金を引き上げたため地図をOpenStreetMapに切り替えました(自動翻訳)。
  • ポーランドの会社ApothekeではGoolgeマップの料金改定を受けてウェブサイトで使う地図プロバイダの比較過程を公開しています。

ソフトウェア

  • ハイデルベルク工科大学GIS科学研究所HeiGITは、OSMタスキングマネージャのマッピング率と検証率をてグラフ化するウェブアプリCritical Numbersを作成しました。QGIS等でも使えるようデータはGeoJSON形式でダウンロードできます。GitHubにツールの使い方も解説されています。こういった定量的なデータ解析においては、マッパーの熟練度やデータ構造エラーなど様々な因子を考慮する必要があるでしょう。
  • iDエディタに地図メモ表示機能プレビュー版が搭載されました。作者のThomas Hervey氏が紹介記事を書いています。
  • 地理空間情報企業のBoundlessがオフラインで使える軽量でポータブルな高性能地図タイルサーバーBoundless Offline Tile Server™(BOTS)をホストするためのウェビナーを8/2に開催します。

プログラミング

  • Emmanuel Sambale氏はRoboSatで航空写真から地物検出をした実験についてユーザー日記を書いています。記事では正確な検出をするためにはデータクリーニングと適切なトレーニングセットが重要なことが確認され、この手法を使ってリモートマッピングを楽にすることを提案しています。
  • 個人攻撃のOSM地図メモが大量に作成されているとOSMドイツ語フォーラムに報告がありました。データワーキンググループがユーザブロック処置を実施しましたが、状況はあまり改善されませんでした。Frederik Ramm氏は匿名のOSM地図メモを禁止できるようにするプルリクエストを提案しています。
  • Anusha Singh氏はGSoCでOSM公共交通機関エディタの開発に取り組んでいます。6月の第一回報告に続いて、第二回の進捗報告がありました。
  • Jennifer Cats氏が、nameタグに「クソみたいに長ったるい道」といったような変なデータが入れられている事例を調べ、類型分類し、データ検出についてユーザ日記を書きました。

リリース

  • OSM Carto地図がバージョン4.13.0になり、チケットショップ、カジノ、外貨両替所、リサイクルショップなどのレンダリングに対応しました。全変更点はGitHubで確認ください。
  • wambacher氏のツイッターに、Komoot Android, Leaflet 1.3.3, Magic Earth iOS 4.1.0, Mapbox GLといったソフトウェアの更新情報が記載されています。OSM関連ソフトの更新情報は引き続きWambacher’s software listでご覧ください。

ご存知でしたか?

  • Photonはelasticsearchをベースとした多言語対応ジオコーダで、タイポ修正やオートコンプリートに対応しています。ソースコードはGitHubで入手でき、komootアプリなどで採用されています。簡単にインストールでき、検索インデックスは毎週更新されます。komootのプロジェクトとして開始されましたが、Nominatimとも強く関連しています。

その他の “ジオ” な事柄

  • 投稿された画像をMapillaryはまだ圧縮しているしていることに気づいたStéphane Péneau氏が失望のツイートをしています。ツイートには画像の圧縮がどれだけ品質を低下させたのか比較する例を載せています。
  • SpringerOpen(学術論文出版社Springerのオープンアクセスジャーナル部門)が、オープンソース地理空間ソフトウェア特集号に掲載する論文を募集していることがOSM科学メーリングリストでアナウンスされました。ボランタリー地理情報(VGI)、クラウドソーシング、OSMといったテーマでの論文投稿が可能です。
  • Microsoft社および電子科技大学(中国)が、Raspberry Piとソフトウェア無線を使って車両を「ハイジャック」する技術について論文発表しました。「ハイジャック」には軍事でよく使われるGPSスプーフィング偽装技術が用いられています。論文では道路データとしてOSMデータが使われています。
  • パラセル諸島のタグ付けが、ベトナム首相を巻き込んだ論争に発展し、ベトナムの最大新聞VN Expressの英語版に掲載されました。パラセル諸島(西沙諸島)は中国が実効支配していますが、台湾やベトナムも領有権を主張しています。OSMでは、国境線が作成されてから2017年7月まで中国名のnameタグが付けられていました。その後、中国名、ベトナム名、英語名の間で何度も変更されています。Facebook社のページにOSM地図が使われていますが、これらの島が中国領土として表示されているのを見たベトナム政府関係者がFacebook社に抗議しました。Facebook社は、第三者のデータを使っているだけであると主張しましたが、謝罪のうえ、どちらの領土にも含めないように表示する処置を行いました。その後、ベトナム首相からIT大臣にFacebook社の修正内容を監査するよう指示されるまでにいたりました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
シウダー・デル・エステ Introducción al mapeo colaborativo con Openstreetmap 2018-07-27 paraguay
ミラノ State of the Map 2018 (international conference) 2018-07-28-2018-07-30 italy
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-08-01 germany
ボーフム Mappertreffen 2018-08-02 germany
ブエノスアイレス Mapatón-taller OSM 2018-08-04 argentina
尼崎 みんなのサマーセミナー:地図、描いてますか?描きましょう! 2018-08-05 japan
ロンドン Missing Maps Mapathon 2018-08-07 united kingdom
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-08-08 germany
Urspring Stammtisch Ulmer Alb 2018-08-09 germany
ベルリン 122. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-08-10 germany
東京 東京!街歩き!マッピングパーティ:第22回 富岡八幡宮 2018-08-12 japan
Viersen OSM Stammtisch Viersen 2018-08-14 germany
カールスルーエ Stammtisch 2018-08-15 germany
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-08-16 everywhere
Rapperswil 10. Micro Mapping Party Rapperswil 2018 (inc. OSM-Treffen) 2018-08-17 switzerland
ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, Spanholz, derFred, k_zoar, muramototomoya.

2 thoughts on “週刊OSM 418

  1. UN LECTOR says:

    ¡VIVA LA CENSURA! Pueden borrar esto también. Para ver lo que hay que ver… Tranquilos, no volveré a este lugar. Los hay más enriquecedores, donde los participantes no se creen dioses.

    Como escribió alguien, mal futuro tiene osm. La arrogancia gratuita y el infantilismo de los propios participantes se encargará de desbaratar todo a medio plazo. Les recuerdo que el cementerio está lleno de imprescindible.

    Hasta siempre.

  2. Manfred says:

    Hallo UN LECTOR,
    ich möchte nur folgendes feststellen

    0. weeklyOSM ist völlig unabhängig (auch von der OSMF) und versteht sich als Sprachrohr der Community. Das solltest du bemerkt haben, wenn Du schon die weeklyOSM seit längeren verfolgst.
    1. Wir zeigen Gesicht und verbergen uns nicht hinter irgendwelchen Pseudonymen. Die Namen der Redakteure kannst Du in jeder Ausgabe unter dem Blog lesen.
    2. Wir sind ansprechbar über viele Kanäle – auch über email.
    3. Wir bloggen über OSM und nicht über Politik (Du siehst das wohl anders – weil für Dich wie Du schreibst – “alles Politik” ist.
    4. Wir behalten uns vor, Kommentare, die nichts mit OSM zu tun haben, auch zu entfernen.
    5. Wenn Du wirklich an OSM interessiert bist und uns helfen möchtest weeklyOSM besser zu machen (was ich vermute, denn sonst würdest Du nicht ab und an blitzartig nach Erscheinen einer neuen Version einen Kommentar verfassen), dann bist Du im Team herzlich willkommen.
    Du wirst dann aber auch erfahren, wieviel Arbeit und auch Schweiss hinter jeder einzelnen Ausgabe der weeklyOSM steckt. Wenn Du mitmachen möchtest, dann ist alles was wir brauchen Dein OSM-Account – und dann sagen wir herzlich Willkommen im Team.

    Mit freundlichen Grüßen

Comments are closed.