週刊OSM 437

2018/11/27-2018/12/03

Logo

スマホのGPS機能で測位した位置精度の参照ポイント 1 | © Kanton Zürich, Baudirektion, Amt für Raumentwicklung

私たちについて

マッピング

  • PoliMappers(YouthMapperのミラノ工科大学支部)がPoliMappersの冒険第2弾を実施します。12月の期間中に、OSMに関するクエストが毎日更新されます。クエスト種類はマッピングや人道支援活動など多岐にわたります。詳細はTwitterでご確認ください。
  • ミシュラン社とOSMコートジボワールが協力し、コートジボワール国内の主要道路ネットワークをマッピングするプロジェクトCartoRouteが実施されています。このプロジェクトでは、国内道路の状態、舗装、速度制限、信号機、休憩所、宿泊所、ガソリンスタンドをマッピングします。プロジェクトの様子はTwitterモーメントでご確認ください。
  • 500カ所以上で使われているにも関わらずOSM Wikiにページがなかったcycleway:surfaceについての説明が遂に作成されました。このタグを使うことで自転車道の物理的な表面の状態をタグ付けできます。同じ道路で自転車の通行帯だけ舗装状態が異なる場合にも有用です。
  • 11月15日に実施されたOSMF理事会で、組織的編集ガイドラインの改定版が承認されました。データワーキンググループがとりまとめたこのガイドラインは、組織的にマッピングする団体の文書化・透明度・マナーを改善することを目的としています。
  • ドイツにある選挙区の境界がメンテナンスされていないため、データの削除が提案(de)されました。データの削除は多くの支持を集めましたが反対する声もありました。
  • 道路上に路面電車のレールがある場合のタグ付けに関する投票が否決されました。ですが、投票時のコメントを参考にして、提案者のJukka Nikulainen氏は提案内容の修正を準備中です。

コミュニティ

  • ベルギーコミュニティの選ぶ「今月のマッパー」にトルコのイスタンブールにある大学で講師を務めるÜnen(別名 unen)氏が選ばれ、インタビューが公開されました。
  • 韓国人マッパーであるGPIOIPG氏が、鉄道駅の名称に-역(駅)を入れるかどうかアンケートを取りました。一般的には、鉄道駅の公式名称には「駅」は入っていません。ですが、「駅」が入った名称は案内板などによく使われています。アンケート結果は、80%の人が名称に-역(駅)を入れたほうがよいとの意見でした。アンケート結果についてフォーラムメーリングリストで意見を集めています。
  • Nakaner氏はlists.openstreetmap.orgで公開されている全てのメーリングリストから電子メールをダウンロードし、データベースに登録して集計を行いました。彼はユーザー日記に2つの記事(Part1, Part2)を作成し、メーリングリスト別に1年ごとの流通量を調べたり、投稿数の多い人をリストにしています。
  • SunCobalt氏はOSMFメンバーの人数が選挙直前に大きく増加することを示すためグラフを作りました。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMF理事会選挙候補者の公約および質問への回答が公開されました。Christoph Hormann氏は要約を、Paul Normanは比較のためのマトリックスを作成しました。フォーラムメーリングリストでも議論されています。
  • OSMFメンバーシップワーキンググループ(MWG)は最近の活動を報告しています。会費を支払うための手ごろな送金手段がないメンバー向けの会費免除プログラムが開始され、MWGはその対応に忙しくなっています。WeeklyOSMや他のOSMFワーキンググループ同様にMWGも参加者を募集しています。
  • OSMF理事のMikel Maron氏が「Welcome Mat」のリリースをアナウンスしています。Welcome Matは外部団体向けに、OSMとは何か、コミュニティの状況、OSMの使い方、OSMプロジェクトへの協力方法などが説明されています。

イベント

  • 2019年2月20日から24日にかけてFOSS4G イタリア 2019がパドヴァ(イタリア)で開催される予定です。現在イベントの中で実施されるワークショップ企画の募集が行われています。

OSM人道支援

  • OpenGovHubとHOTのスタッフが12/4にワシントンD.CのOpenGovHubオフィスでマッパソンを開催しました。
  • HOTは2018年4月からスタートした少額支援金プログラムから支援を受けた8つのコミュニティについて進捗を報告しています。それぞれのコミュニティは災害の影響を最小限に抑えるためにOSMのデータを改善していっています。

地図

  • OpenStreetBrowserでスポーツやショッピングレイヤーが入っているレジャーカテゴリーに新しく水泳施設や入浴施設を表示するためのレイヤーが追加されました。skunk氏のブログによると「Swimming and Bathing」のレイヤーには水泳と入浴に関する全ての施設が表示されるそうです。

switch2OSM

プログラミング

  • ハイデルベルク大学のGIS研究グループが、OpenRouteService APIの内容、パラメータ、レスポンス等を確認できる API Playground公開しました。

リリース

  • JOSMのバージョン18.11がリリースされました。JOSMのウィンドウを閉じたときにレイヤー名やタグなどが表示されている右側の各パネルの高さが保存されるようになり、「新しいレイヤーとしてダウンロード」がチェックボックスから独立したボタンになりました。他にも多くの機能が強化されています。また、OSMウェブサイトのAPI変更に伴って発生していたGPSデータログのレンダリング不具合も修正されました。

ご存知でしたか?

その他の “ジオ” な事柄

  • スイスで役目を終えた国境標石が、国立博物館(チューリッヒ)に移設されました。現在はこの標石にQRコードが取り付けられ、スマホGPS座標の位置精度参照ポイントとして使われるようになっています。
  • 欧州衛星ナビゲーションコンペ・バーデン=ヴュルテンベルク州部門が開催され、OSMデータを使った歩行者ナビを出したiXpoint社が優勝しました。
  • Gaël Musquet氏(OSMFフランス支部設立者)がフランス国家勲章受章しました。氏はコミュニティ全体の成果だと述べています。
  • PythonとCartopyライブラリを使って、航空機のADS-B位置データをOSMベースマップに乗せる方法のチュートリアルがgeodoseに掲載されました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
Alice PoliMappers Adventures 2018: One mapping quest each day 2018-12-01-2018-12-31 everywhere
ニアメ OSM and GIS training camp at CNF 2018-12-03-2018-12-07 niger
Tångstad Foundation board elections voting opens 2018-12-08
ワガドゥグー Mapathon Independance Day at La Ruche 2018-12-10 burkina faso
レンヌ Réunion mensuelle 2018-12-10 france
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2018-12-11 france
チューリッヒ Jubilee Stammtisch Zurich with Fondue 2018-12-11 switzerland
ザルツブルク Maptime Salzburg 2018-12-12 austria
マンハイム Mannheimer Mapathons – now in Ludwigshafen! 2018-12-12 germany
ヘルシンキ Missing Maps Mapathon at Finnish Red Cross HQ – Dec 2018 2018-12-13 finland
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-12-13 germany
ベルリン 126. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-12-14 germany
online via IRC Foundation Annual General Meeting 2018-12-15 everywhere
ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-12-18 germany
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-12-18 germany
ノッティンガム Pub Meetup 2018-12-18 united kingdom
Reutti Stammtisch Ulmer Alb 2018-12-18 germany
レンヌ Recensement des panneaux publicitaires 2018-12-23 france
ライプツィヒ OpenStreetMap assembly 2018-12-27-2018-12-30 germany
ハイデルベルク State of the Map 2019 (international conference) 2019-09-21-2019-09-23 germany

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Rogehm, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 436

2018/11/20-2018/11/26

    Logo

    ドイツで最も有名な遺跡の一つハイデルベルク城の3Dモデル 1 | © Landesamt für Denkmalpflege im Regierungspräsidium Stuttgart 2018

マッピング

  • John Whelan氏はカナダの建物インポートプロジェクトBuilding Canada 2020について紹介しています。マイクロソフトもカナダの建物ポリゴンデータを公開する予定です(マイクロソフトはすでにアメリカで建物のポリゴンデータを公開しました)。彼はビギナーマッパーが建物トレースをするよりもまずこれらのデータをインポートする方がよいと考えています。
  • マルチポリゴン・リレーションの使い方についてドイツ語フォーラムで議論があり、使い方の提案ページが作成されました。簡単に言えばこの提案は、単純な形状(目安として、innerウェイがなくてouterウェイが2000ノード以下)のものにはマルチポリゴンを作成しないというものです。まずはドイツで展開するため、現在はドイツ語フォーラムドイツ語メーリングリストで議論されています。
  • 先住民の居留地をタグ付けするboundary=aboriginal_landsは起案から10年、草案作成から8年の時を経て投票の段階まで進みました。締め切りは12/8です。Alan McConchie氏は既にOSM CartoのGitHubリポジトリでレンダリングの提案もしています。
  • Warin氏はOSM Wikiのman_made=antennaをより充実させるために編集が必要だと訴えています。彼はドイツ語版Wikiにあるantenna:typeの記述がわかりにくいことや現在よりも適切なキーがあるのではないかと考えています。

コミュニティ

  • InfosReseaux氏はOSMのユーザー日記で電力網などのインフラがマッピングされる意義やインフラに関する知識がどのようにOSMのデータ改善に役立っていくかという記事を書いています。
  • 最近How did you contributeを見に行った方は新しくRecently utilized presets – Top 3(最近使われたプリセット-トップ3)というセクションに気づいたでしょう。Pascal Neis氏は品質を測定するための指標として追加したと説明しています。
  • 2018年にTwitterのハッシュタグ#osmjpでやりとりされた内容をmuramototomoya氏がまとめました。今年も多くの話題が挙がっています。

OpenStreetMap Foundation

  • クリミア半島に関するDWGの新判断は多くの議論を巻き起こしました。

  • 11月にインドの「有名な」会社から100名の新規OSMF会員登録申請がありましたが、OSMF理事会はこの申請を却下しました。この判断はメーリングリストでおこなわれた長い議論のうえでなされたものです。ちなみに今会員登録しても現在の役員選挙に投票権はありません。
  • 今年のOSMF理事選挙に立候補しているJoost Schouppe氏は国ごとのアクティブマッパー数とOSMFメンバーの比率を分析しました。
  • 7月10日9月13日11月15日に開催されたデータワーキンググループミーティングの議事録が公開されました。

OSM人道支援

  • Erasmus+プロジェクトの教師向けOSM講習が開始されました。
  • HOT社とカトマンズ・リビングラボ(KLL)はネパールのマッピングに共同で取り組んでいます。まずリモートで建物のマッピングをおこない、その後に現地調査する予定です。マッピング結果は、ネパールの自然災害リスクを示すデータの検証のために用いられる予定です。
  • コンピューターサイエンスを学ぶ3人の学生が機械学習で使うため、マッピング後に検証のプロセスを経た地域があるか尋ねています。彼らは検証済みの地域にあるデータを衛星画像と共に学習モデルとして使う予定です。

教育

  • Udacity学校のデータアナリストコースで、OSMを取り扱う授業が開講されます。受講者はまずOSMの基礎を学んだ後、データのエクスポート、フィルター、分析等を行います。

地図

  • イングレスエージェントの木野陽氏がイングレスを題材にしたアニメの出来事があった場所をOSM上にまとめた地図作りました
  • WikipediaユーザーのTriglav氏がWikipediaでOSMのリレーションとWikidataを組み合わせて地図上に強調表示させる方法を書きました

ソフトウェア

  • 英国で地方自治体向けにGISのサービスを提供しているCadcorpはソフトウェアを更新し、OSMのレイヤーを表示できるようになりました。
  • オープンソースのマップブラウザである Atlasr のアルファ版が公開されました。 Atlasr には地図データベース、レンダラー、タイルサーバー、ジオコーダー、ルート検索などが含まれています。Googleマップの代替となるよう、スムーズで速く信頼性が高くプリティーなオープンソースソフトウェアを目指しています。ソースコードはGitHubで。

プログラミング

  • Matthias氏がJOSMを声で制御するツールspeech2josmを開発しました。タグのプリセットを声で選ぶことなどができます。Matthias氏はこの機能をJOSMプラグインにしてくれる人を探しています。詳細は氏のブログで。

リリース

  • OSM Cartoのバージョン4.17.0が公開されました。Daniel Koć氏のブログによれば、自然物をより低ズームレベルで表示、中ズームレベルでのレンダリング内容調整などが変更点です。
  • ハイデルベルク大学のGIScience研究グループはQGISのOSMツールプラグインバージョン3.2を公開しました。openrouteservice.orgの経路検索機能を利用できるようになっています。
  • 先日QGIS 3.4「Madeira」がリリースされました。3.4はメジャーバージョン3系初の長期リリースとなります。このバージョンには多数の新機能が追加され、変更ログも非常に長くなっています。

ご存知でしたか?

  • 英国のベクスヒル=オン=シー地区では、OSMデータを使って詳細な独自レンダリング地図を作成しています。この地図に、街でおこなわれるクリスマスデコレーション・コンペの案内図が掲載されました。

メディア掲載

  • インド経営大学院に12か国から300名以上のマッパーが集まり、災害対応マッピングを行いました。このイベントについてDeccan Chronicle紙に記事が掲載されました。
  • ウェブサイトThe Better Indiaは読者に新しい趣味としてOSMを紹介しています。短い記事ですが、OSMに関する基本的な事項やOSMでどのように社会貢献できるか、そして最近インドで開催されたState of the Mapについて書かれています。

その他の “ジオ” な事柄

  • Open Data Institute (ODI)は英国の地理空間データが「オンラインの巨大企業」に支配されている現状を打破し、民間企業がこれらのデータにアクセスできるよう公共機関の持つデータをオープンデータにすることを求めています。
  • Municipal Dreams氏はロンドンの主要下水道網が描かれた古地図の写真をツイートしました。
  • [1] ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州が、州内の歴史的な城、宮殿、修道院の3Dモデルを公開しました。ただしライセンスはオープンではなく、Sketchfabリポジトリの3Dデータは現在ダウンロードもできません。なお残念ながら、有名なノイシュヴァンシュタイン城はバイエルン州にあるため、このデータセットには入っていません。
  • Paul Ramsey氏は地元のGISユーザーグループで「単一のソフトウェアベンダーに縛られるリスクについて」を語った際にESRI社の営業担当者が取った行動についてブログを書いています。

まもなく開催

    場所 名称 開催日
    Alice PoliMappers Adventures 2018: One mapping quest each day 2018-12-01-2018-12-31 everywhere
    トロント Mappy Hour 2018-12-03 canada
    ニアメ OSM and GIS training camp at CNF 2018-12-03-2018-12-07 niger
    ロンドン London Missing Maps Mapathon 2018-12-04 united kingdom
    Viersen OSM Stammtisch Viersen 2018-12-04 germany
    Praha – Brno – Ostrava Kvartální pivo 2018-12-05 czech republic
    シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-12-05 germany
    トゥールーズ Rencontre mensuelle 2018-12-05 france
    ボーフム Mappertreffen 2018-12-06 germany
    ドレスデン Stammtisch Dresden 2018-12-06 germany
    ナント Réunion mensuelle 2018-12-06 france
    Tångstad Foundation board elections voting opens 2018-12-08
    レンヌ Réunion mensuelle 2018-12-10 france
    リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2018-12-11 france
    チューリッヒ Jubilee Stammtisch Zurich with Fondue 2018-12-11 switzerland
    ザルツブルク Maptime Salzburg 2018-12-12 austria
    ヘルシンキ Missing Maps Mapathon at Finnish Red Cross HQ – Dec 2018 2018-12-13 finland
    ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-12-13 germany
    ベルリン 126. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-12-14 germany
    online via IRC Foundation Annual General Meeting 2018-12-15 everywhere
    ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-12-18 germany
    リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-12-18 germany
    ノッティンガム Pub Meetup 2018-12-18 united kingdom
    Reutti Stammtisch Ulmer Alb 2018-12-18 germany
    レンヌ Recensement des panneaux publicitaires 2018-12-23 france
    ハイデルベルク State of the Map 2019 (international conference) 2019-09-21-2019-09-23 germany

    Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.