週刊OSM 413

2018/06/12-2018/06/18

    Logo

    ロシアのFIFAワールドカップ2018スタジアム 1 | © Harry Wood © map data OpenStreetMap contributors

マッピング

  • タグ付けメーリングリストで避難所(amenity=shelter)としてタグ付けされたオブジェクトは明示されなくても建物(building=yes)としての意味を持つのかという質問が投稿され、議論が起こりました。
  • OSM USが実施しているカメラのレンタルプログラムは開始から反響が大きかったようで、レンタルプログラムの内容が少し変更されました。
  • [1] Harry Wood氏がロシアワールドカップのスタジアム地図一覧画像を作成し、wiki.osm.orgの「今週の写真」に採用されました。ШТОСМ氏が各スタジアムのOSMデータをチェックしたところ、他の地図サービスと比べてあまり品質が高くないことがわかりました。スタジアムのマッピングを主導するプロジェクトが立ち上がらなかったこと、スタジアム建設後の衛星写真が撮影されていない場所もあることが原因として挙げられています。なおロシア観光庁のオフィシャルパートナーとしてMAPS.MEが採用されており、そういった意味ではOSMの「勝利」と言えるかもしれません。
  • MapboxはOSMナビゲーションデータマップを停止させます。
  • ノルウェーOSMコミュニティがNorgeibilder地図をトレースする許可を得ました。このオルソ地図はiDでも使えます
  • Mapboxは米国にある23の都市でマイクロソフトのストリートサイド画像から機械学習を使って35,000以上の交差点で184,000以上の進行方向制限を検出しました。検出された進行方向制限は地図で見ることが出来ます(読み込みに時間がかかります)。検出された進行方向制限は手動で検証された後OSMにマッピングされます。

コミュニティ

  • OSMベルギーが選ぶ「今月のマッパー」にMatšeliso Thobei(tshedy)氏(レソト)が選ばれました。Matšeliso氏は現在アイルランドの大学で空間計画を学んでいます。インタビュー記事では、ここ3年にわたるマッピング活動やOSMと出会ったきっかけなどが解説されています。
  • 優先度の高い開発項目トップ10の筆頭に挙げられていた「問題を報告」機能が実装されました。これまでスパムや暴言など問題のある投稿があった場合は、DWGにメールで連絡するといった手段しかありませんでしたが、ユーザ日記や地図メモに"Report"ボタンが設置され、そこから報告できるようになりました。
  • 国際信州学院大学のアクセスマップがOSMに切り替わったとnyampire氏がブログで報告しています。国信大は「架空の」大学として知られています。ウェブページのソースには、「OSM本家に負荷をかけないよう」、独自のマップインスタンスを立てて大学近隣の地図を表示していると記載されています。

イベント

  • SotM Latin America 2018は9/24にブエノスアイレスで開催されます。発表申し込みは8/13までです。
  • Mappy研究所は歩行者やサイクリスト、カーナビゲーション、公共交通機関、人道支援マップツールなど多くの視点からSotM-FR 2018を振り返っています。

教育

  • Víctor Olaya氏は「GIS入門」というドキュメントをCC-BYライセンスで公開しました。GitHubで読むことができます。

地図

  • Richard Fairhurst氏はcycle.travelで駐輪場をクラスタ表示するようにしたとツイートしています。ツイートには以前のスタイルと比較するための画像がつけられています。
  • 先週のWeeklyOSMでLübeck氏のAEDマップを紹介しましたが、残念ながら2017年5月で更新が止まっています。AEDマップはほかにも、wambacherのAEDマップオーストリアAEDマップがあります。
  • Christoph Hormann氏は水に関連するオブジェクトのレンダリングを改善する提案を続けています。彼の提案は「Water under the bridge」や「The way of the water」といったブログ記事で説明されていて、単純なシンボルの置換や追加という領域を超えた大胆な提案になっています。彼は自身の提案の実装例をGitHubに公開しています。

ライセンス

  • EU議会法務委員会で著作権指令の改定案が可決されました。本改定により、ヘッドラインやテキスト抽出に関する付帯著作権の追加や、アップロード時のフィルタリングが導入されることになります。EU本議会での採決は7月第一週に実施される予定です。Wikimediaドイツは本改定について声明を発表しています。WEB署名サービスchange.orgでは、これらの改定に反対の署名を集めています。

ソフトウェア

  • BBBikeの地図データダウンロードサービスがGeoJSON形式に対応しました
  • Mapbox社が地物自動抽出ツールRobotSat公開しました。機械学習により衛星写真から建物や駐車場のエリアを自動で認識することができます。また、森林減少や自然災害への活用も提案されています。しかし、機械学習によるマッピングは、先週のWeeklyOSMで紹介された論文や、Christoph Hormannのブログでも問題点が指摘されています。

プログラミング

  • スマホのセンサや位置情報から人の行動目的を推測するサービスLoc2VecをSentiance社が発表しました。
  • OSMフォーラムで3Dモデルデータについて質問が上がっています。3DマップエンジンOpenGlobus.orgプロジェクト向けのデータを探しているとのことです。
  • Biswesh Mohapatra氏はGoogle Summer of Code 2018への応募からJOSMの公共交通機関プラグインの改善作業までの体験をブログ記事を書いています。
  • Princi Vershwal氏はGoogle Summer of Codeで取り組んでいるiDエディタのベクトルタイルサポートに関するユーザー日記を書きました。この機能では.pdf(Protocolbuffer Binary Format)と.mvt(Mapbox Vector Tiles)形式のデータをサポートしているそうです。

リリース

  • OSM関連ソフトウェアの最新リリース情報はwambacher氏のウェブサイトOSM Software Watchlistで確認できます。
  • osmconvert、osmfilter、osmupdateといったツール群OSM-C-Toolsのバージョン0.9がリリースされました。
  • iDエディタのバージョン2.9.0がリリースされました。Bing Streetsideの360°パノラマ画像レイヤーのサポートなどの機能が追加されています。Streetsideの機能追加をするプルリクエストではマイクロソフトの従業員が画像の使用が許可されるケースと許可されないケースを説明しています。

メディア掲載

  • イタリアのLa Stampa紙ではミラノで開催されるState of the Mapについての記事(有料)が掲載されています。
  • Grab(東洋のUber)はミャンマーやインドネシア、フィリピン、シンガポールなどで開催されるマッパソンのスポンサーをしています。最近マレーシアで大学生ら50人と行われた取り組みがビハインド・ザ・ホイールに紹介されています。

その他の “ジオ” な事柄

  • イーサリアム・ブロックチェーン技術で地理空間情報を管理するFOAM技術についてNastya Parygina氏が解説記事を書きました。FOAMは分散型で、仮想通貨による経済的インセンティブを有することでデータが最新に保たれ、相互位置通信によりGPSより高い精度が得られるとのことです。詳細はホワイトペーパーを参照ください。なおOSMの編集内容チェックやいたずら編集への対応にも役立つとされています。
  • 衛星写真が必ずしも信用できるわけではないことを解説した記事がThe Conversation誌に掲載されました
  • Topi Tjukanov氏はPostgreSQLと拡張機能PostGISについてのブログポストを書きました、普通の地理空間データ利用者向けの記事ですがPostgreSQLやPostGISがどういうものか知りたい、それらを使う価値とは何かを知りたい人も読む価値があります。
  • Xiaomiは世界初となる2周波GNSSスマートフォンを発表し、民生用機器で数10cm程度の精度で測位できるようになりました。2種類の電波とGNSS電波の生データを取得できることで一部のGNSSレシーバに限定されていた測位アルゴリズムへの扉が開かれます。このスマートフォンに搭載されるGNSSチップBCM47755は現在利用可能なすべての衛星測位システム(GPSQZSSGalileoGLONASSBeidou)から発信される電波を受信できます。

まもなく開催

    場所 名称 開催日
    Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-06-21
    レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2018-06-21 austria
    エッセン Mappertreffen 2018-06-22 germany
    京都市 幕末京都マッピングパーティ#05:会津藩と京都守護職 2018-06-23 japan
    エッセン 4. OSM-Sommercamp und 10. FOSSGIS-Hackingevent im Linuxhotel 2018-06-22-2018-06-24 germany
    尼崎 あまらぶBosai literacy+:地域防災マップ作成講座 2018-06-24 japan
    ローマ Incontro mensile 2018-06-25 italy
    ブレーメン Bremer Mappertreffen 2018-06-25 germany
    リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-06-28 germany
    デュッセルドルフ Stammtisch 2018-06-29 germany
    シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-07-04 germany
    ボーフム Mappertreffen 2018-07-05 germany
    Urspring Stammtisch Ulmer Alb 2018-07-05 germany
    伊勢 世古をマッピング!:伊勢マッピングパーティ 2018-07-07 japan
    ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-07-10 germany
    ケルン Köln Stammtisch 2018-07-11 germany
    ベルリン 121. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-07-12 germany
    ミラノ State of the Map 2018 (international conference) 2018-07-28-2018-07-30 italy
    ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
    ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
    デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
    バンガロール State of the Map Asia 2018 (effective date to confirm) 2018-11-17-2018-11-18 india
    メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

    Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 412

2018/06/05-2018/06/11

    Logo
    洪水およびコレラ対策のマッピングをOSMコンゴが計画中 1 | © OSM RD Congo

マッピング

  • iDエディタの開発者Bryan Housel氏が、ウェイにつけられるtransit:lanesタグはサポートせず、リレーションのみをサポートすると述べました
  • 芝生のタグ付けに関する投稿が巨大な議論を引き起こしました。「終わりの見えない議論:landcoverタグはトップレベルタグなのか」というタイトルで内容は想像できるかと。
  • 英国メーリングリストでMapThePathsというツールが公開されました。MapThePathsはイングランドとウェールズの道路データを改善するために不足しているタグ(私有地の中で所有者が公衆の通行を許している道路など)を可視化することができます。現在は純粋なビューアですが、開発者は編集機能の追加を計画しています。

コミュニティ

OpenStreetMap Foundation

  • OSMF理事会ではライセンスワーキンググループが作成した新しいOSMFプライバシーポリシーのドラフト版を公開する決議がありました。
  • 5/27に開催されたState of the Mapワーキンググループミーティングの議事録が公開されています。

イベント

  • HOTメンバーはFOSS4G 2018と同時開催されるHOTサミット2018のチケット(650ドル)を60%割引で購入できます。FOSS4G 2018とHOTサミット2018は8/27~9/2にタンザニアのダルエスサラームで開催されます。
  • 7/28~30にミラノで開催される国際カンファレンスState of the Map 2018の参加チケットが販売中です。コミュニティチケットの料金は120ユーロです。

OSM人道支援

  • Pierre Béland氏はエボラの流行と闘うOSM-RDCの活動の統計を公開しました。5/8から800人以上のマッパーが140万以上のオブジェクトを編集したそうです。NGOや地元組織もPOIの追加し、地元の俳優がマッパソンを行いました。
  • Remígio Chilaule氏はモザンビークのマファララ地区でのマッピング活動を紹介する動画を公開したとHOTメーリングリストに投稿しました。
  • 米国HOT社が広報部門マネージャーを募集中です。
  • OSMコンゴが#OpenCitiesKinshasaタスクを立ち上げました。キンシャサ周辺における洪水やコレラ対策を目的としています。
  • John Whelan氏はHOTメーリングリストでコンゴ民主共和国の中にある同じ地域に建物マッピングさせる二つのタスクを投稿し、議論を呼んでいます。

switch2OSM

  • RedditでCPSolver氏が現在地周辺の店舗やニュースを表示するサービスNews Here Nowを紹介しました。データの検索にOSMが使われています。
  • Googleマップで支払い情報が登録されていないAPIキーが停止されたことでOpenStreetMap Foundationの逆ジオコーディングツールnominatimのサーバー負荷が急上昇しています。

ライセンス

  • インターネットの著名人70名が、EU著作権指令に対して反対意見表明しました。本指令はEU議会の法務委員会で6/20に投票される予定です。法案が成立すると、インターネットサービス事業者はアップロードされたコンテンツが著作権違反をしていないかチェックする義務を課せられます。ドイツ海賊党のJulia Reda議員は、法案賛成がぎりぎり過半数に達しているため、議員にたいして電話で意見を伝えるようブログで呼びかけました
  • ヨーロッパ議会の議員100名以上が、ニュース記事まとめサイトに税金をかける「Google税」に反対する声明を共同で発表しました。

ソフトウェア

  • Simon Poole氏はトークメーリングリストでAndroidのOSMエディタVespucciのバージョン11ではGeoJSONをレイヤーとして表示できるようになると言っています。バージョン11のベータ版はGoogle PlayやGitHubからインストールできます。
  • 顧客管理ソフトCiviCRMに使われているジオコーディング機能が拡張されました。デフォルトのジオデータプロバイダにOSMが使われています。
  • Cosmogonyでは世界中の境界データを簡単に表示できます。"Data Dashboard"タブでエラーチェックが、"Explorer"タブで階層別境界データ表示ができます。ダウンロード機能はまだ実装されていません。Githubでソースコードが公開されており、また類似サービスも紹介されています。

プログラミング

  • OSM Buildingsは無料プランを使うための登録を不要にしたことやプライバシーポリシーの更新を発表しました。

ご存知でしたか?

メディア掲載

  • オープンソースコミュニティではOSMの優先度を上げるべきであるとGlyn Moody氏がlinuxjournal誌で呼びかけました。Emacsen氏の2014年2018年の有名なブログに言及しつつ、何十億人ものユーザに向けた開発ができるチャンスだと述べています。この市場にはすでに強力なサービスが君臨しているため、より多くのOSM利用ソフトウェア(Wazeなど)が必要であり、Mozilla財団やCanonicalからの資金協力が得られないかと考えています。

その他の “ジオ” な事柄

  • コンピュータ制御マシンが合板を削って山の形を切り出していく様子をMachinePixのTwitterアカウントが動画でツイートしています。
  • ドイツワイン愛好家の方へ、トリーア市のワイン古地図が公開されました。他にも同市の古地図がいくつか公開されています。
  • Nigel Clifford氏が英国陸地測量部CEOを辞任していたことをGrough誌が報じました。辞任の公開が遅れたためいろんな憶測を呼んでいます。
  • アイスランドでは氷河の変化を35名のボランティアが64か所で100年近くにわたり計測しています。衛星写真で恐竜の移動路を解析できるこの時代に、ペンと紙で調査する昔ながらのやり方はNASAのTerra衛星リモートセンシングにとって代わられるように思われます。しかしこのやり方にもメリットがあります。アナログな調査手法はずっと変わりませんが、最新のリモートセンシングは技術の進展によりどんどん変わっていくので、同じ方法で計測したデータに継続性がないのです。
  • HeiseオンラインがApple社の新しいJavaScriptフレームワークMusicKit JSMapKit JSについての記事を公開しています。MapKit JSを使うとインタラクティブなWeb地図を表示でき、ジオコーディングや経路検索も使うことができます。登録してAPIキーを取得する必要があり、1日あたり25,000のサービスコールと250,000の地図表示までが無料です。サンプル実装はGitHubで公開されています。
  • 衛星写真をもとにした地物の自動検出は精度に問題があるとAnnette M. Kim氏が警告しています。大都市の周辺部に位置するスラム街を適切に認識できず、スラムの形成を見過ごされてしまう恐れがあるのです。行政が都市計画を進めるためには、衛星写真の利用だけでなく現地調査も併せて行わなければなりません。
  • オープン化された衛星写真についてChristoph Hormann氏がブログ記事を書きました。Sentinel-2衛星による撮影でカバー率が増加していること、Landsatデータの公開停止が検討されていることなどが取り上げられています。
  • 太陽が真上にある場所は地球で常に一か所だけ存在します。残念ながら、太陽が真下にある場所を表示するサービスはいまのところ無いようです。

まもなく開催

    場所 名称 開催日
    ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-06-14 germany
    サンホセ Civic Hack Night & Map Night 2018-06-14 united states
    リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-06-19 germany
    ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-06-19 germany
    シェフィールド Pub Meetup 2018-06-19 united kingdom
    Viersen OSM Stammtisch Viersen 2018-06-19 germany
    カールスルーエ Stammtisch 2018-06-20 germany
    レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2018-06-21 austria
    エッセン Mappertreffen 2018-06-22 germany
    京都市 幕末京都マッピングパーティ#05:会津藩と京都守護職 2018-06-23 japan
    エッセン 4. OSM-Sommercamp und 10. FOSSGIS-Hackingevent im Linuxhotel 2018-06-22-2018-06-24 germany
    ローマ Incontro mensile 2018-06-25 italy
    ブレーメン Bremer Mappertreffen 2018-06-25 germany
    リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-06-28 germany
    デュッセルドルフ Stammtisch 2018-06-29 germany
    シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-07-04 germany
    ボーフム Mappertreffen 2018-07-05 germany
    Urspring Stammtisch Ulmer Alb 2018-07-05 germany
    ミラノ State of the Map 2018 (international conference) 2018-07-28-2018-07-30 italy
    ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
    ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
    デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
    バンガロール State of the Map Asia 2018 (effective date to confirm) 2018-11-17-2018-11-18 india

    Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, PierZen, SK53, Spanholz, derFred, k_zoar, muramototomoya.