週刊OSM 421

 

2018/08/07-2018/08/13

SotMJP2018の集合写真

SotM Japan 2018の集合写真 1 | © Photo by 渡邉剛広, CC BY 2.0

私たちについて

  • WikimediaドイツにOSMとweeklyOSMに関する記事が掲載されました。両者の歴史や、weeklyOSMの読者数が12000人に拡大していることの意味などが描かれています。なおすでの報告したとおり、weeklyOSMはスワヒリ語と朝鮮語にも翻訳されるようになりましたが、これにはWikimedia財団からの支援も一部受けています。

マッピング

  • Frederik Ramm氏はタグ付けメーリングリストで大陸の名前を記録するPOIの有用性を問いかけています。
  • メーリングリストでhighway=* + area=yesarea:highway=*のどちらが良いのか質問されたところ、道路をエリアで描いた場合のルーティング、マッピングにおける抽象化、wikiに文書化されていないことなどが論点として上がりました。
  • Andy Mabbett氏は複数言語の表記を一つのname=タグに記録するときの矛盾を指摘しています。
  • 英国メーリングリストでは過去の行政界データがアップロードされたことでこれらのオブジェクトがOSMに登録されるべきかが議論されています。これらのデータの削除を求める説得力ある意見も出ていますがそれに反対する意見もまたあります。行政界データをアップロードしたマッパーも議論に参加し、データをアップロードした動機を語っています。
  • Googleが推進しているPlus codesをOSMに入れても良いか、議論白熱しています。ちなみに過去何回か同様の議論がありました。Frederik Ramm氏は議論のポイントをFAQ形式でまとめ、批判的な立場を表明しました。Christoph Hormann氏や Ilya Zveryev氏もブログで意見を述べています。
  • 韓国OSMコミュニティがko_rmをBCP 47標準に準じてko-Latn変更しました。この変更は2015年にThierry Bézecourt氏が提案し、2017年にNrimbo氏およびArtemis64氏が一括編集の実施を提案してコミュニティが賛成しました。なお日本でも同様の議論がありますが、明確な結論には至っていません。
  • 避難経路のタグ付け提案に対する投票が行われています。この提案にある避難経路は施設内のものではなく、台風や津波のような自然災害から避難する経路のことで、アメリカでは避難ルートには青い丸型の標識が設置されています。
  • JOSM開発アカウントはマイクロソフト社がEdgeブラウザを修正したことでosm.orgの「遠隔制御(JOSMまたはMerkaartor)で編集」が機能するようになったとツイートしています。

コミュニティ

  • OpenStreetMapの14周年を祝うミートアップがいくつも開催されました。
  • Gregory Marler氏はState of the Map 2018ミラノで録画されたセッションの様子をYouTubeにアップロードする作業をしています。アップロード済の動画はYouTubeのState of the Map 2018チャンネルで観られます。見やすいようにプレイリストも作成されています。彼は字幕などの翻訳を呼びかけています、翻訳の方法はYouTubeのヘルプをご覧ください
  • BBCラジオではニジェール共和国で起こった洪水被害からの復興を支援するマッピングを行うFatima Alher氏とOpenStreetMapニジェールを特集しています。
  • スラム地区は住民者数などのデータがないため、解体・撤去された場合でも補償費の請求は難しく、そもそも解体に反対するためのデータがありません。そこで、スラム地区のマッピングを進める活動が広まってきています。データ化されたものを破壊するのは難しくなります。ケニアでスラムのマッピングをおこなうMap KiberaプロジェクトがBRIGHT誌で取り上げられました。
  • トルクメニスタンの米国大使Allan Mustard(OSMアカウントapm-wa)氏がOSMベルギーの「今月のマッパー」に選ばれました。彼はインタビューの中で彼の最大の実績であるトルクメニスタンの首都アシガバードで包括的なアクセシビリティマップを作ったことを語っています。
  • ドイツ人医師Niklas Weber氏は、ダニによる疾病をコロンビアで調査する際に、現地でOSM地図を使ったとのことです。
  • クラインハルトマンスドルフのハイキングコース「Carl-August-Nendel-Weg」で2016年にスペインのハイキングの事故で亡くなられたThomas Bellmann(osmアカウント malenki)氏へ追悼の祈りが捧げられました
  • Taginfoのユーザーインターフェイスがペルシア語に翻訳されました。開発者のJochen Topf氏はブログでペルシア語のサポートは右から左に書かれる言語としては初めてのものになり、現在18の言語で利用できるようになったと言っています。ブログの中では翻訳が難しいことに触れられ、新しい言語の追加や既存の言語の翻訳を進める協力を呼びかけています。翻訳作業についてはWikiページをご覧ください。

OpenStreetMap Foundation

  • OpenStreetMap Foundationは本部を移転させました。
  • OSMFのライセンスワーキンググループは新しいopenstreetmap.orgサービス利用規約の草案を公表し、フィードバックを求めています。

イベント

  • GeoChicasはダルエスサラーム(タンザニア)で開催されるFOSS4G 2018HOTサミットに先立って行われるイベントへの参加を全ての女性(ジェンダー・アイデンティティーが女性である人)に呼びかけています。イベントに参加したい場合には登録が必要です。
  • [1] 8月11日にState of the Map Japan 2018が開催されました。当日撮影された写真がflickrで公開され、ツイートもまとめられています。
  • FOSS4G 2018 Tokyoは11/9-10に東京大学駒場リサーチキャンパスで開催されます。

OSM人道支援

  • ダルエスサラーム(タンザニア)で排水ネットワークのマッピングが実施されています。この都市では洪水が頻繁であり、排水網のモデル化により洪水の影響を適切に評価することが目的です。
  • インドのHindu紙に、Missing Maps等が実施する地図が整備されていない地域の地図を作成するクライシスマッピングに関する記事が掲載されました。
  • ハイデルベルク大学および赤十字社が、Missing Mapsプロジェクトの活動が赤十字社の活動に及ぼす影響について論じたオープンアクセス論文を発表しました。

教育

  • API開発環境のPostmanを使ってOverpassからデータを取得する方法がStackExchangeのGISサイトで質問され、回答がつきました。

オープンデータ

ソフトウェア

  • Imre Samu氏はタグ付けメーリングリストでtaginfoをエリアでフィルタリングできるようにする拡張機能の概念実証を投稿しました。
  • GDPRへの対応が必要なOSMChaの新バージョンは8月末にリリースされる予定です。新バージョンの変更内容はWille氏のユーザー日記でご覧ください。
  • lifehacker.comにハイキング用アプリ Hikepack紹介記事が掲載されました。本アプリはOSMデータを使用しています。
  • OpenStreetMap USがTeachOSMのウェブサイトの再構築案を公開しました。OSM USはこの再構築を有償で引き受ける人を募集しています。募集締め切りは8/20です、お急ぎください。

プログラミング

  • ハイデルベルク大学GIS科学チームが、マダガスカルにおける医療アクセスをOpenRouteServiceで解析しました。
  • Anusha Singh氏が公共交通機関エディタの改良を続けています。編集経験レベル毎の編集モードなどを実装したとユーザ日記で報告されました。
  • Florian Schäfer氏がJOSMのwikipediaプラグインの改良に取り組んでいます。wikipediaとwikidataの座標一致度チェック機能などが追加されました。
  • Srikant Chepuri氏がGTFS(時刻表データオープンフォーマット)をOSMに取り込むツールGTFS2OSMの開発に取り組んでいます
  • Matias Dahl氏が、OSMタグの利用変遷を表示するウェブサイトtagdynamics.comを作成しました。Matias氏は以前にもamenity=*タグの変遷を可視化する記事を書いています。なおソースコードはGitHubで公開されています。

リリース

ご存知でしたか?

  • Chris Anderson-Tarver氏が2010年のハイチ地震直後に行われたOSMマッピングに関する博士論文を書きました。
  • Yi Shen氏がOSMのデータを表現する面白い方法を実装しました。GitHub.ioのページではあなたの好きな場所をこの「Little Big City」で表現できます。ソースコードはGitHubで公開されています。
  • OpenStreetMap Foundationのサーバーリストが公開されています。リストには機材の用途や設置場所も書かれています。

メディア掲載

  • ポルトガルのニュース番組RTPでOSM地図が使われました。動画の10:58をご覧ください。

その他の “ジオ” な事柄

  • スペインとポルトガルは国境線をMiño川およびGuadiana川に沿った形に変更することに合意しました。
  • Googleはあなたの場所を追い続けます。たとえロケーション履歴をオフにしても…
  • トルコのバトマン(Batman)県の県境を「バットマン(Batman)」のロゴの形にしようというキャンペーンが行われています。
  • 英国では熱波の影響によって遺跡の地質が可視化されました。
  • 衛星写真を重ねて表示し、干ばつの影響を見るサイトをBerliner Morgenpost紙が作成しました。また、ドイツ人宇宙飛行士Alexander Gerst氏は、中央ヨーロッパの干ばつの様子を国際宇宙ステーションISSから撮影した写真をTwitterに投稿しました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-08-16 everywhere
Rapperswil 10. Micro Mapping Party Rapperswil 2018 (inc. OSM-Treffen) 2018-08-17 switzerland
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-08-21 germany
ダービー Pub Meetup 2018-08-21 united kingdom
リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-08-23 germany
高槻 みんなでエディタソン#01 2018-08-26 japan
デュッセルドルフ Stammtisch 2018-08-29 germany
ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
マニラ Maptime! Manila 2018-08-30 philippines
ロンドン Missing Maps Mapathon 2018-09-04 united kingdom
Praha – Brno – Ostrava Kvartální pivo 2018-09-05 czech republic
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-09-05 germany
ボーフム Mappertreffen 2018-09-06 germany
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Kateregga1, Nakaner, Polyglot, Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 420

 

2018/07/31-2018/08/06

Logo

「溶岩流が海岸線に到達しました!それと北部に新しい火口が発生しました!」「海岸線形状の修正にGIS調査隊を編成して航空調査に向かってください!」…あなたもこんな映画観てみたいのでは? 1 | © XKCD – permanent link to this comic: https://xkcd.com/2029/ 😉

SotM 2018

  • State of the Map 2018 Milanの奨学金を受け取る要件の一つに参加レポートの執筆がありました。現在次のような方々がレポートを書いています。
  • Christoph Hormann氏はブログでSotM 2018 Milanについて批判的なブログを書いています。参加者リストを分析した結果、仕事として参加するビジネスマン、自費で飛行機による移動が可能な富裕マッパー、開催地の地元コミュニティメンバーと言った3つのグループに分類でき、本来の多様性を持ったOSMコミュニティを反映していないと言っています。
  • 奨学金レポートの他にもSotM 2018 Milanへの参加レポートが公開されています。Open Data InstituteKlokanテクノロジー(OpenMapTiler)、Ilya Zverev氏。
  • Christoph Hormann氏(imagico)がベクトルタイルに関する議論に追加ブログを書きました。技術的な問題や、開発者の数が少ないことを指摘しています。
  • Ilya Zverev氏、Vladimir Elistratov氏、Timofey Subbotin氏、Daniil Kirsanov氏、Victor Shcherb氏の5人がSotM 2018 Milanで見聞きした内容をまとめたポッドキャストを録音しました。Ilya氏はユーザー日記にポッドキャストの概要を書き、英語圏のコミュニティへ広めるために全体を英語で文字起こししたドキュメントを公開しています。

マッピング

  • 一部の国立公園では外来種などによって生態系を壊さないよう入園時に靴などの履物を洗浄する必要があります。タグ付けメーリングリストではこういった履物を洗浄する施設へのタグ付け提案について、投票が始まったことがアナウンスされました。

コミュニティ

  • どのノードも、ウェイも、リレーションも取り残さない。ある土地の所有者が、私有地内の道路をOSMから削除しました。敷地侵入のトラブルがあったためです。チェンジセットでの議論の結果、この編集はリバートされ、私道にはprivateをつけることになりました。
  • Chetan Gowda氏はいくつかの国や地域でOSMのデータがどのように充実していったかをGIFアニメーションを作成しました。彼はMacでMapolutionを使ってアニメーションを作成する手順をGIFアニメーションと一緒にユーザー日記に書いています。この記事を受けて、松村氏が四国のアニメーションを作成しました。
  • OSMセネガルコミュニティが、ダカール市内のDakar Dem Dikk社が運営する公共交通機関のマッピング完了しました。11団体がマッピングに参加したとSotMフランスで報告されました。
  • ワシントン州の道路マッピングに尽力したClifford Snow氏へのインタビューがMapboxブログに掲載されています。彼はインタビューの中でマッピングプロジェクトを始めたきっかけやソースとなるデータセット、使ったソフトウェアツールやその方法について答えています。
  • Frederik Ramm氏はトークメーリングリストでSAGE Journalsに掲載された論文紹介しています。論文の著者は10年以上に渡ってOSMのデータ構造が変化していないことを挙げ、その原因を「ソフトウェアを設計できる少数のメンバーがプロジェクトを率いている」としています。john whelan氏は論文の著者の言うとおりデータ構造を変更する必要があるか尋ねています。
  • 世界の最果てともいえるキルギスタンの天山山脈(ヒマラヤ山脈の一部)でOSMマッピングがどのように行われたのかXamanu氏が記事を投稿しました。近隣大学の学生がGPS機、ペン、紙など従来のやりかたで、地元民向けのマッピングを実施しました。特にこの地域で需要が高い水源情報の改善に力を入れました。

インポート

  • omgitsgela氏はマサチューセッツ州にインポートされた住所データを修正する時のワークフローと都市の特定エリアの詳細マッピングで更新した内容をユーザー日記に書いています。

OpenStreetMap Foundation

  • OSMFの運営チームは高負荷になっている北米のタイルサーバーの負荷を軽減するために新しいタイルキャッシュサーバーかレンダリングサーバーを探しています。それぞれのサーバーの要件はOSM Wikiにまとめられています。
  • OpenStreetMapベルギーがOpenStreetMap Foundationの地方支部となりました。OSMフォーラムの投稿によるとSotM 2018 Milanの3日目に発表が行われ、その様子は動画で見ることができるそうです。

イベント

  • アバディーン(スコットランド)で開催されるオープンデータの’アンカンファレンス’オープンデータキャンプ6のチケット販売第1段が完売しました。次の販売は8/15からです。

OSM人道支援

  • OpenStreetMapペルーは厳しい寒波に見舞われたヤウヨス郡(ペルー共和国)のマッピングプロジェクトに参加しました。このプロジェクトはボランティア団体Unidad4x4の要請によって開始されたものです。寒波に見舞われた地域の地図を更新したことで支援者達が薬や食料、暖かい服を届ける事ができました。
  • Pierre Béland氏が北部コンゴ共和国でのエボラ出血熱大発生に対応するタスクについてツイートしました。OpenDataLabRDCのブログで建物マッピング結果の品質チェックをおこなったところ、建物の角が直角になっていないものは3.5%程度と非常に少なかったことがわかりました。そのため品質チェックの観点を広げていくことが可能になりました。
  • 慈善事業に関する報道を行うThe Chronicle of PhilanthropyがHOT理事Tyler Radford氏へのインタビューを「世界中で非営利団体が救援活動を支援する地図を作成する」というタイトルでポッドキャストとその文字起こしを公開しました。

地図

  • 縁石マップを公開しているCOORD社のJacob Baskin氏はmedium.comでOSMデータを使ってロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトルの縁石マップを作る方法を説明しています。
  • OSMの標準地図スタイルOSM-Cartoにスタイルの変更提案が行われています。kocio-pl氏はlanduse=farmlandの表示色を変更するプルリクエストを送り、Mathijs Melissen氏はズームレベル13でいくつかの地物をレンダリングせずに表示をすっきりさせる提案をしています。

switch2OSM

  • Richard Fairhurst氏はGoogleマップの料金変更がいくつかの小規模なウェブサイトに与えた影響の例をツイートしています。

ソフトウェア

  • Terrestris社(ドイツのGIS会社)が、OpenLayersおよびOGC SLDのレンダリングスタイルを編集するソフトGeoStylerMeggsimum社と共同で開発したと報告がありました。
  • Wille Marcel氏はSotM 2018 MilanのセッションでOSMの検証ツールOSMChaが持っている現在の機能と将来改善される点を紹介しました。このセッションのスライド動画が公開されています。

プログラミング

  • 人の移動にエレベータ、ケーブルカー、フェリーなどが必須の町を歩いたことがありますか? 現在のナビアプリはこれらの移動手段に十分対応できていません。Guillaume Rischard氏はSotMミラノでこの問題について報告しました。
  • Tom Chadwin氏がGitHubでQGISのプロジェクトをOpenLayersやLeafletにエクスポートするプラグインを公開しています。
  • Thomas Hervey氏はiDエディタにKeepRight(データの整合性エラーを自動的にチェックするツール)のエラーを表示させる機能を追加するプルリクエストを送りました。
  • Nikolai Janakiev氏が、Overpass APIを使ってOSMデータをPythonに読み込む方法を解説しています。
  • xamanu氏が公共交通機関に関するユーザ日記を二つ書き上げました。一つ目の記事は、中米の都市でバスマップを作成するために作成した、OSMデータからGTFSファイルを生成するツールについてです。ツールはGitHubでダウンロードできます。二つ目の記事は、ニカラグアでスマホアプリ向けに公共交通機関データを作成したことについてです。データはtransit.land、Navitia、Transportr、TransitAppといったいろんなアプリで使われます。

リリース

  • iDエディタのバージョン2.10.0が発表されました。このバージョンでは、地図メモ、ノードを切り離す、画像拡大といった機能が追加されました。詳細はこちらで確認ください。

ご存知でしたか?

  • latest-changesを使うと、昨日/先週/先月の編集内容を一覧できます。ソースコードはGitHubで入手可能です。
  • MapUganda.orgはウガンダでマッピングを進めるNGO団体で2012年に設立されました。
  • Petr Pridal氏とJiri Komarek氏がSotMミラノでopenmaptiles.orgについて発表しました。発表資料も公開されています。

その他の “ジオ” な事柄

  • Arjen Luijendijkらが Scientific Reports 誌に、砂浜の発生および海岸線の変化速度について検証した論文を発表しました。海岸線データは2016年のOSMデータとLandsat衛星、Sentinel衛星の写真を用いています。
  • [1] 自然災害で地形が変化してしまい、科学者達が地理データを更新する様子だけを撮影した映画、観てみたくありませんか? 😉
  • サンフランシスコの一角にあるリンコン・ヒルといった名前で知られていたエリアの名前が、Googleマップ上で「イースト・カット」という名前に変更されてしまいました。その結果、多くのウェブサービスで「イースト・カット」という名前が使われるようになり、ついには現地でもこの名前が使われるようになってしまいました。地元ではこの名前は嫌われています。
  • ベトナムに新観光名所が生まれました。まるでファンタジー映画に出てくるような橋です。Cầu Vàng橋(金色の橋)は長さ150mでBa Na山脈から南シナ海を一望できます。この観光施設には様々なものがありますが、OSMマッピングはまだあまり進んでいないようです。
  • 米国政府関係者向けの情報ウェブサイトに、災害時の住民救助やレスキュー隊支援に使用するためクラウドベースマッピングの活用が省庁で進んでいるとの記事が掲載されました。Mapbox社はすでに多くの関係機関と協力体制を築いています。統計データを元に救援先の選定などが実施される見込みです。
  • ESRI社の第38回年次ユーザカンファレンスで、ArcGIS Living Atlas of the Worldの新機能が発表されました。世界の気温や人口増加といったデータの過去・未来予想・現在の数値を可視化できます。また、OSMベクトルタイルへの対応や、過去5年間の衛星写真閲覧機能などもあります。
  • いくつかのメディアで既に報じられていますが、Googleマップはズームアウトしていくと地球儀のような球体で表示されるようになりました
  • POIは全世界では全部で何個あるのでしょうか?StreetCredがPOI総数の推定にチャレンジしました。まずはいくつかの都市をサンプルに、POIの近くには道路が存在しているという仮定でテストした結果が報告されています。データの増加により推定精度は上がっていくでしょうし、それによりマッピングが必要な地域の特定も可能になると思われます。
  • Joshua氏がWahoo社のサイクルコンピュータを調べたところ、GPLをはじめとしたオープンソースライセンスに違反していることが判明しました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
Urspring Stammtisch Ulmer Alb 2018-08-09 germany
ベルリン 122. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-08-10 germany
東京 東京!街歩き!マッピングパーティ:第22回 富岡八幡宮 2018-08-12 japan
Viersen OSM Stammtisch Viersen 2018-08-14 germany
カールスルーエ Stammtisch 2018-08-15 germany
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-08-16 everywhere
Rapperswil 10. Micro Mapping Party Rapperswil 2018 (inc. OSM-Treffen) 2018-08-17 switzerland
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-08-21 germany
ダービー Pub Meetup 2018-08-21 united kingdom
リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-08-23 germany
高槻 みんなでエディタソン#01 2018-08-26 japan
デュッセルドルフ Stammtisch 2018-08-29 germany
ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
マニラ Maptime! Manila 2018-08-30 philippines
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.