週刊OSM 441

 

2018/12/25-2018/12/31

Logo

OSMのプロモーション用リーフレット 1 | © alexkemp, Andy Allan

[Actual Category]

マッピング

  • OSMアイルランドはアイルランドのマッパーに向けて年末年始に行うマッピング作業を提案しました。アイルランドで最も小さな行政区画の単位「Townland」ごとに全ての道路、水路、建物をマッピングしようという内容です。何人かのマッパーCiaran氏、Earl氏、Tshedy氏など)がマッピングを行いましたがTownlandは6万を超える数があるため、数年にまたがって取り組まれるプロジェクトになるかもしれません。
  • Simon Poole氏(スイス)、Christian Quest氏(フランス)、sebastic氏(オランダ)らが合併の行われた市町村の行政界を更新するために元日の編集を行いました。ベルギーでは通りの名前の変更も必要になり、その準備はコミュニティによって6月から行われていました。
  • Daniele Santini氏がtop_up=*タグを提案しました。これはプリペイドサービスのチャージに対応しているのかを示すもので、プリペイド携帯電話、WiFi料金、交通ICカード、プリペイドカードなどへの適用が想定されています。
  • Markus氏が半島をタグ付けするplace=peninsula を提案しました。なおメーリングリストの議論では、natural=peninsulaのほうが良いと考える人が多いのですが、このタグは2008年に否決されています。また、半島の最大サイズや、岬と半島の違いなどについても議論されています。
  • Hufkratzer氏がbuilding=pavilionタグの定義に疑問を呈しました。OSM wikiではスポーツ施設用建物と定義されているのですが、Wikipediaでは離れの建物と説明されています。しかし、OSMではイギリス英語が正式言語であるため、現在の定義が正しいのです。なお、他の国では違う意味にとらえられてしまうような単語を選んでしまってよいのかについては、疑問が残ったままです。
  • eteb3氏が、最近英国で流行っているプランター(箱状の大型植木鉢)一体型自転車ラックのタグ付けについて相談しました。フォーラムでは、新しいタグの提案方法などについても議論され、結果としてman_made=planterが文書化されました。
  • Axelos氏が自転車ルートリレーションの階層化を提案しました。すると、道路で同様のコンセプトで物議を醸しがちなsuper-routessuper-relationsがすでにあることが提示されました。

コミュニティ

  • コーリコード市(インド)でボランティア団体がOSMでデジタル地図作成に精力的に取り組んでいることが The Time of India 紙で紹介されました。
  • Redditユーザーのtseepra氏はアイルランドで2018年にマッピングされた7万のノード、6万のウェイ、16万のポリゴンを視覚化したアニメーションを作成しました。RedditのスレッドではこのアニメーションをQGISを使ってどのように作成したのか議論されています。
  • 現在Peter Elderson氏が非常に大きな路線リレーションを分割する作業に取り組んでいます。分割によって大きなリレーションを1日で歩ききれる長さに分割して実用的なものにするつもりです。さらに彼は分割後のリレーションをOSMのライブクエリを使ってソート可能なテーブルを持ったWikiページにする手助けをしてくれる人を探しています。
  • ベルギーコミュニティはブラジルのGIS開発者でOSMの変更セット分析サービスOSMChaの開発者でもあるWille Marcel氏を「今月のマッパー」に選びました。彼は2010年に開催されたオープンソースソフトウェアのカンファレンスでOSMに出会ったそうです。
  • Simon Poole氏が2018年の情報で編集活動統計を更新しました
  • 2018/12/17~23にベルギーコミュニティがチャットで行ったやりとりをCouwelierTim氏がまとめました。

インポート

  • omgitsgela氏はマサチューセッツ州全域で計画されている住所データのインポートプロジェクトに対するフィードバックを求めています。インポートされるデータは住所を含む公共データベース、MassGISで、インポートプロジェクトの内容はWikiページに記録されています。

OpenStreetMap Foundation

イベント

  • オープンナレッジとオープンデータのカンファレンスOpen Belgium 2019のウェブサイトが公開されました。カンファレンスが3/4にブリュッセルで開催されます。

OSM人道支援

  • HOTは2018年に行われたウェビナーの動画を公開しました。1月に予定されているウェビナーの紹介もされています。
  • HOT社がタスキングマネージャーに組み込む新しい機能の案を募集中です。機械学習を使ってバリデーションやデータ重複チェックなどができるようにする計画です。

教育

地図

  • 国境なき医師団の疫学者Larissa Vernier氏が仕事でR for Epis (R4Epis)を使っている理由を説明しています。その理由の一つが空間分析機能で、彼女はこの機能を使って病気がどれくらいの早さで広まっていくか、それを止めるためにどのような対策を立てる必要があるかを検討しています。
  • Mapboxは年間を通して様々な地図を見てきています。2018年の中で彼らの印象に残った18の地図をブログで紹介しています。
  • alexkemp氏はAndy Allan氏からもらったOSMのリーフレットを全て配り終えました。彼はGitHubにホストされているリーフレットデータを地元の印刷所で印刷しようとしましたが必要なフォントの入手に手間取りました。彼はフォントを手に入れるまでの過程をユーザー日記で説明しています。
  • osm-baustekke.deのmaposmaticインスタンスでは貸し農園の農園区画(allotments=plot)をオーバーレイ表示できるようになりました

オープンデータ

ソフトウェア

  • Florian Schäfer氏は標準的な言語の国際化ファイル形式(*.mo)とJOSMで使われている言語用ファイル(*.lang)を変換できる新しいコマンドラインツールlangconvを作成しました。このツールはgradle-josm-pluginに含まれる形で提供されます。
  • OsmAndチームは昨年1年で追加した機能や改善点、2019年に追加予定の機能や改善点を紹介しています。

リリース

  • JOSMの新しい安定版がリリースされました。バージョン18.12ではメモリリークの修正や古くなった画像プロバイダー情報の更新、その他多くの修正や改良が含まれています。しかし日本語版では他国語版の翻訳データが混入してしまっているため、以前のバージョンで問題が無い場合更新を見合わせた方が良いかもしれません。現在この問題を解決するためのチケットが作成され、議論が行われています。

その他の “ジオ” な事柄

  • UnoSatはインドネシアのランプン州を襲った津波の浸水地域を図化しました。

まもなく開催

場所 名称 開催日
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2019-01-08 france
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2019-01-08 germany
ドレスデン Stammtisch Dresden 2019-01-10 germany
ベルリン 127. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2019-01-10 germany
ナント Réunion mensuelle 2019-01-10 france
レンヌ Réunion mensuelle 2019-01-14 france
トゥールーズ Rencontre mensuelle 2019-01-16 france
カールスルーエ Stammtisch 2019-01-16 germany
ザルツブルク Maptime – Stammtisch 2019-01-16 austria
フライベルク Stammtisch Freiberg 2019-01-17 germany
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2019-01-17 austria
Reutti Stammtisch Ulmer Alb 2019-01-22 germany
リューベック Lübecker Mappertreffen 2019-01-24 germany
Greater Vancouver area Metrotown mappy Hour 2019-01-25 canada
ブレーメン Bremer Mappertreffen 2019-01-28 germany
アルロン Réunion au Pays d’Arlon 2019-02-04 belgium
ドレスデン FOSSGIS 2019 2019-03-13-2019-03-16 germany
モンペリエ State of the Map France 2019 2019-06-14-2019-06-16 france
ハイデルベルク HOT Summit 2019 2019-09-19-2019-09-20 germany
ハイデルベルク State of the Map 2019 (international conference) 2019-09-21-2019-09-23 germany
グラン・バッサム State of the Map Africa 2019 2019-11-22-2019-11-24 ivory coast

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 440

 

2018/12/18-2018/12/24

Logo

シュツットガルト市で最寄りの公共交通機関に行くまでにかかる時間 1 | © City of Stuttagart © Map data OpenStreetMap contributors

マッピング

  • OSM南アフリカコミュニティは過去に作成された地形図を購入するためにGoFundMeで資金を集めています。資金調達が成功すれば地図タイルとして各種エディタで利用できるようになります。南アフリカでは既に一部の地形図がタイル化されています。
  • Peter Elderson氏が2015年に提案されたままになっていたタグhighway=trailhead(登山口にある駐車場等の施設)の再検討を始めました。オランダではハイキングコース入口にある施設(駐車場や案内所)にすべてこのタグをつけたとのことです。しかし、trailheadという言葉がこの用途にふさわしいのか、すでに使用されている事例と齟齬がないのか、すこし議論が必要なようです。
  • Apple社のAndrew Wiseman氏は韓国国内のOSMデータのうち道路と接続された建物や種別の設定されていない接続道路、鋭角に接続する道路などのエラーを検出し、マッパーがこれらを解決できるようMapRouletteの課題として登録したと言っています。
  • Appleがブエノスアイレス(アルゼンチン)で各種画像ソースやGPSトレースを使って手動で建物マッピングを行っていくことを発表しました。
  • Grab社がタイでOSMデータを改悪してOSMコミュニティをかき回していることについて、Techcrunch.comに記事が掲載されました。記事では地元マッパーの「OpenStreetMapは主に手作業により編集しますが、Grab社は工業的なやり方でOSMを攻撃しています」というコメントを紹介しています。また、Grab社がマッピング作業を委託しているGlobalLogic社(インド)は、OSMFに従業員100名を登録したことについても言及されています。
  • 12/19にTechCrunchに掲載されたGrab社批判記事に対し、12/21にGrab社が反論を述べました(同記事に掲載されています)。Grab社の反論に対して、地元コミュニティのMishari Muqbil氏が再批判するブログ記事を公開しました。
  • ドイツコミュニティは引き続きクリスマスマーケットなどをクリスマスマップ(表示には時間がかかります)へ表示できるようマッピングを行っています。このマップがドイツを中心に充実しているのはWikiページの翻訳状況も関係あるかもしれませんが、ドイツのコミュニティのクリスマスマーケットに対する情熱が熱いからだと思われます。

コミュニティ

  • アフリカ・フランス語圏のオープンデータコミュニティが、いくつかのOSM関連プロジェクトにファンドを提供しています。

OpenStreetMap Foundation

  • オーストラリアではオープンソース地理空間ソフトウェアを構築・支援する組織OSGeoオセアニアをOSMFの地域支部とするための議論が行われています。

OSM人道支援

  • HOT社の理事会議事録が12/6に公開されました。理事会では、諮問委員会の設立、EUプログラムに対応するためのヨーロッパ支部設立などが議論されました。
  • HOT社がリベリア共和国のコミュニティと共同でOpen Citiesモンロビアに取り組むことを発表しました。モンロビア市では人口の90%が洪水リスクにさらされています。本プロジェクトは、無秩序な住宅地域の把握、スラム街の災害減災対策を目的としています。
  • mamapaプロジェクトがドイツ国内の移民に向けて人道支援マッピング技術の講習会を開いています。このプロジェクトは、人道支援スタッフへのサポートと、技術伝承を通じた移民へのサポートの両方を目的としています。

地図

オープンデータ

  • Open Data Institute(ロンドン)は国内地理空間オープンデータ活動団体への補助金交付を4件発表しました。このうち少なくとも2件はOSMデータを活用する模様です。オックスフォードシャー州ではサイクリング施設の改善、フォルカーク市では市民がオープンデータにアクセスしやすいよう改善する活動が進められます。

ソフトウェア

  • Stefan Keller氏がopening_hoursタグを簡単に出力できるツールを作成中です。
  • Fabian Schütt氏(シュツットガルト市 統計局)が、市内の最寄りの公共交通機関に行くまでにかかる時間を可視化したマップを作成しました。このマップの作成には、HeiGITが開発したQGISプラグインOSM Toolsが使われています。
  • HeiGITが開発した、標高データを取得する openelevationservice が、ルート検索openrouteservice APIに組み込まれました。ルートの標高データから斜度の評価などができるようになります。
  • Vespucciの次期バージョンに搭載される新機能に関するテストをSimon Poole氏が記事にしています。ひとつはオフライン編集機能。もうひとつは右左折制限編集機能です。

プログラミング

  • Leafletで曲線に沿ってテキストを配置するLeaflet.TextPathライブラリにStephan Bösch-Plepelits氏が新機能追加しました。
  • HeiGITが開発したopenrouteserviceには、これまでpythonRのライブラリがありましたが、JavaScript API追加されました。

リリース

  • OSMの標準地図スタイルがバージョン4.18.0へ、OpenMapTilesがバージョン3.9へそれぞれ更新されました。

ご存知でしたか?

  • SeverinGeo氏は、HOT社の運営体制がOSMFにコピーされるべきではないと考えている理由を説明しています。

その他の “ジオ” な事柄

  • Matthew Flint氏は古本屋で1950年代に作られたカーディフ(ウェールズ)の都市計画図を見つけました。この図面では地物の位置を示すために正方形のグリッドではなく放射型のグリッドを採用しています。
  • アメリカの郊外でよく見られる様な他の道路に抜けることのできない行き止まりの道路によって公共交通機関の恩恵を受けにくくなっているとOSMマッパーのMick Hicks氏がツイートしています。彼はミネソタ州で行ったTIGERデータの改善作業の経験やコロラドスプリングス市(アメリカコロラド州)におけるバスの輸送問題に関する記事からこの意見に至りました。
  • BBCが報じたところによるとSlackは米国から制裁措置を受けた事のある国のユーザーやそういった国を訪れたことのあるユーザーのアカウントを停止させているそうです。(HOTメーリングリストより)
  • ガーディアン紙は米国の諜報機関とGoogleが商業分野で持つ関係性を長い記事で紹介しています。この関係性にとって重要な要素はGoogleの地理空間形サービス、特にGoogle Earthだと言っています。

まもなく開催

場所 名称 開催日
Alice PoliMappers Adventures 2018: One mapping quest each day 2018-12-01-2018-12-31 everywhere
ライプツィヒ OpenStreetMap assembly 2018-12-27-2018-12-30 germany
ビエッラ Incontro mensile 2018-12-29 italy
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2019-01-02 germany
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2019-01-08 france
ドレスデン Stammtisch Dresden 2019-01-10 germany
ベルリン 127. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2019-01-10 germany
ナント Réunion mensuelle 2019-01-10 france
レンヌ Réunion mensuelle 2019-01-14 france
トゥールーズ Rencontre mensuelle 2019-01-16 france
カールスルーエ Stammtisch 2019-01-16 germany
ザルツブルク Maptime – Stammtisch 2019-01-16 austria
フライベルク Stammtisch Freiberg 2019-01-17 germany
レオーベン Stammtisch Obersteiermark 2019-01-17 austria
Reutti Stammtisch Ulmer Alb 2019-01-22 germany
リューベック Lübecker Mappertreffen 2019-01-24 germany
Greater Vancouver area Metrotown mappy Hour 2019-01-25 canada
ブレーメン Bremer Mappertreffen 2019-01-28 germany
モンペリエ State of the Map France 2019 2019-06-01-2019-06-03 france
ハイデルベルク HOT Summit 2019 2019-09-19-2019-09-20 germany
ハイデルベルク State of the Map 2019 (international conference) 2019-09-21-2019-09-23 germany
グラン・バッサム State of the Map Africa 2019 2019-11-22-2019-11-24 ivory coast

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.