週刊OSM 423

 

2018/08/21-2018/08/27

Pic

突出した高さを持つ山の地図 [1] | © gsa |
Leaflet | Map data © OpenStreetMap contributors, SRTM | Imagery © OpenTopoMap (CC-BY-SA)

マッピング

  • Frederik Ramm氏が開発者メーリングリストにあるコードスニペットを投稿しました。
    このコードはリレーションからメンバーとして登録されている数が最も多いウェイを検索することができるものです。このコードによっておかしなデータが発見されました。
  • 住居番号を持たない住所をタグ付けする場合、housenumberを使用しない、no_housenumber=yesをつける、housenumber=noをつける、といった選択肢のうちどうすればよいのか質問されています。
  • malenki氏のタグ付け提案winter_serviceへの投票が開始されました。
  • ドイツで、ある自然キャンプ場のデータが削除されました。それをきっかけにして、キャンプ場の場所を一般に公開していない場合にマッピングしてよいのか、ドイツ語フォーラムで議論されました。このキャンプ場では、予約して入場料を支払ったのちに、サイトの場所が連絡されることになっています。この処置はキャンプ場の保全を目的にしており、大勢の人が立ち入るようになった場合、サイトが閉鎖されるおそれもあります。

コミュニティ

  • Facebookがインポートしたデータの品質やコミュニティとの関わりについての不満が高まっていて、タイで最も活発な編集をする二人のマッパーが匙を投げようとしています。
  • ドイツでは、州の測量局が保有するデータを元にして登山用紙地図を作成します。しかし、測量局が地図を作成しない地域もあります。OSMから登山用紙地図を作成することの利点についてブログ記事が掲載されました。
  • バングラデシュで、気候変動の影響を受けやすい地域のコミュニティを強化するため、参加型OSMマッピングが実施されました。
  • gsa氏が山脈などの中で突出した高さを持つ山を表示する地図を作りました。山の山頂に立ってもほとんどの場合周囲により高い山を見ることになりますが、これらの山頂ではそのような風景ではなく、周りの山々を見下ろすことになります。このデータの抽出はOSMのnatural=peaknatural=volcanoのデータをGNU Octaveを使って計算しています。使われたコードはGitLabに公開されています。
  • OSMに独自のプロジェクト管理、コミュニケーション、タスク管理システムが必要であるとChristoph Hormann氏が意見を述べています。現在ではこれらの目的のためにGitHubを使うケースが多いのですが、オープンソースのツールをOSMコミュニティ内で運営したほうが良いとの意見です。GitHubはソフトウェア開発向けに整備されておりOSM編集者には馴染みにくいこと、GitHubは商用サイトでありOSMとは基本スタンスが違うことなどを理由として挙げています。
  • 最近リリースされたツールMeet Your Mapperの開発者Martijn van Exel氏はフィードバックに基づいてこのツイールを改良しました。このツールでは指定したエリアで編集したマッパーを見つけることができます。探すエリアの指定に行政界リレーションIDを使う方法の他に、地図上に矩形を書いて指定する方法が追加され、メインのOverpass APIが使えない場合に別のエンドポイントを使うオプションが用意されたり、見つかったマッパーのステータスをPascal Neis氏の「How did you contribute to OpenStreetMap?」で確認できるようになりました
  • アフリカのOpen Cities Africaプロジェクトでマッピングされたデータの品質チェックが行われました。変な形でマッピングされた建物は平均で27.8%存在し、都市によっては72%に達するとPierre Béland氏は分析しています。

OpenStreetMap Foundation

  • 8/16に開催されたOSMF理事会の議事録が公開されました。主なトピックは「マイクログラント」プログラムやGDPR、諮問委員会の活動などです。

イベント

  • OSMフランスにSotM2018ミラノのレポートが掲載されました。各発表の概要や、全体的な傾向について記載されています。なおSotM2018の発表動画の掲載数が増えています。

OSM人道支援

  • 北部ベニン地域のコミュニティが、HOTの少額支援金を受けてマッピングを実施したことをluc_kpogbe氏が報告しました。この地域では地図が一般に公開されておらず、地域のことをよく知って災害や伝染病に対応するためにマッピングが重要です。少額支援金で現地調査用のスマートフォンを購入することができました。
  • Rebecca Firth氏が、SotM 2018 ミラノでの《インクルージョン》についてHOTブログに記事を投稿しました。ジェンダー等のインクルージョンで変化が進んでいると感じ、ポジティブな印象を受けた理由について記載されています。

地図

  • OSMデフォルトマップを管理しているDaniel Koć氏が、マップスタイルの個人的方針をブログにまとめました。都市部と山間部を同じ基準でレンダリングするのは難しいため、どちらかといえば都市部のレンダリングを優先することにしている理由が述べられています。
  • ドイツ語フォーラムでDiscostou36氏が幼児のいる家族に便利な施設をピックアップする地図が作られれば便利だと投稿したところ、amilopowers氏がuMapでそのアイデアを実現しました。

switch2OSM

  • Neil Gunto(自転車旅行向けの記事、掲示板、資料等を掲載しているcrazyguyonabikeの運営者)に、サイトで使用している地図をOSMに切り替えたことについて解説記事が掲載されました。Googleマップの使用料金があがったため、代替サービスに切り替えることにし、最終的にはStadia Maps/OpenCage Geocoder/Leafletを組み合わせた方法を採用しています。

オープンデータ

  • ベルギーの地籍がオープンデータになりました。ただし、Joost Schouppe氏はデータ品質に問題があることも指摘しています。

ライセンス

  • Linux FoundationのCommunity Data License AgreementがOSMで使用可能か、Maurizio Napolitano氏がメーリングリストで質問しています。このライセンスで公開されているwhosonfirst(世界の地名集)のインポートを検討しているとのことです。

ソフトウェア

  • ガーミンが独自データによるナビゲーションの公開を停止してストアから削除するとSygicが似た名前で別のナビゲーションアプリを公開しました。このアプリはOSMデータによるナビゲーションをする「Be on Road」というアプリの名前を変更したものです。

プログラミング

  • Kevin Kenny氏が運営している米国マップでは、Phil Gold氏/Richard Weait氏が開発したコードを使って道路標識をレンダリングしています。しかし、オリジナルコードの開発が止まってしまい、最新状況に対応できなくなってしまいました。そこで、道路標識向けのコード開発を手伝ってくれる人を米国メーリングリストで募集しています。
  • Christoph Hormann氏が築堤のレンダリングについてブログ記事を書きました。OSMデフォルト地図ではman_made=embankmentウェイはレンダリングされますが、道路や鉄道ウェイにつけられたembankment=yescutting=yesはレンダリングされません。後者のレンダリングは意外に難しく、どうやればうまくいくのかが解説されています。

リリース

  • GNOMEのATKラッパーが原因でDebianやUbuntuで発生するバグに対応するためにJOSMの修正版がリリースされました。このバージョンにはいくつかのバグ修正も含まれています、
  • Nominatimのバージョン3.2.0がリリースされました。新しい出力形式としてGeoJSONとGeocodeJSONがサポートされています。逆ジオコーディングアルゴリズムが改善され、人口密度の低い地域や行政界単位の検索での検索結果が改善されています。

ご存知でしたか?

その他の “ジオ” な事柄

  • Googleマップの価格が上がったことでOliver Beattie氏は自身が運営する人気ツールRadius-Toolの継続を諦めなければならないかと不満をツイートしたところ、すぐに代わりの地図としてOSMを使う提案がされました。
  • リモートセンシングやGIS、衛星画像などのテクノロジーがインド南部のケーララ州で発生した大規模な洪水とその後の災害管理で重要な役割を担っていることをGeospatial Worldが説明しています。
  • EU離脱後の英国はEUの測位衛星ガリレオの運営からも離脱することになるため、英国独自の衛星測位システムを構築する計画が挙がっています。

まもなく開催

場所 名称 開催日
ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
ロンドン Missing Maps Mapathon 2018-09-04 united kingdom
Praha – Brno – Ostrava Kvartální pivo 2018-09-05 czech republic
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-09-05 germany
ボーフム Mappertreffen 2018-09-06 germany
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2018-09-11 france
ベルリン 123. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-09-13 germany
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-09-13 germany
ポサーダス Mapatón de parajes y caminos 2018-09-15 argentina
ベルリン Berliner Hackweekend 2018-09-15-2018-09-16 germany
グルノーブル Rencontre mensuelle 2018-09-17 france
ケルン・ボン空港 Bonner Stammtisch 2018-09-18 germany
リューネブルク Lüneburger Mappertreffen 2018-09-18 germany
ノッティンガム Pub Meetup 2018-09-18 united kingdom
Lonsee Stammtisch Ulmer Alb 2018-09-18 germany
カールスルーエ Stammtisch 2018-09-19 germany
Mumble Creek OpenStreetMap Foundation public board meeting 2018-09-20 everywhere
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia
リューベック Lübecker Mappertreffen 2018-09-27 germany
マニラ Maptime! Manila 2018-09-27 philippines
デュッセルドルフ Stammtisch 2018-09-28 germany

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Nakaner, Rogehm, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.

週刊OSM 422

 

2018/08/14-2018/08/20

PT_Assistant's Routing Helper

  • 左:現在選択したルートリレーション
  • 右上:Routing Helperによるルート選択
  • 右下:他のリレーションを元にして、リレーションに追加するウェイを提案
    1 | © Polyglot CC0

マッピング

  • JOSMの公共交通機関プラグインPT_Assistantに新しい機能が追加されました。
    • 公共交通機関マッピング向けJOSM環境設定ウィザード
    • 二分割モード
    • 道路ウェイの追加を半自動でおこなうRouting Helper

    Routing Helperはマッピングのやり方を大きく変えるかもしれません。

    Polyglot氏がJOSMの使用およびルートリレーション作成に関するTIPSをまとめています。

  • デリー(インド)を中心にマッピングしているcontrapunctus氏が、たまに使うバスルートのマッピングの経験をブログに書きました。OSMは誰の役に立つのか?と聞かれることがあるが、自分に必要なものをマッピングしているので何よりもまず自分の役に立つ、と述べています。
  • ドイツ文部科学省は、視覚障碍者向けルート案内デバイス開発プロジェクトTerrain Projektを支援しています。プロジェクトで開発された歩行者向けルート案内はOSMデータを使用しており、開発者がドイツ語フォーラムで開発状況を紹介しました。論文は有料ですが、後日無料で公開されるとのことです。
  • Open Data Institute(ODI)はMicrosoft、Apple、Facebookなどの企業からOSMへの貢献を説明するブログポストを公開しました。このブログポストでは企業プロジェクトが受け入れられていった要因が述べられていて、これらの企業はOSMFの指導編集ポリシーよりもオープンで協調的な取り組みをしていました。
  • higa4氏が日本国内のマッピング状況を都道府県別に分析しました。
  • 高精細カメラを搭載したドローンによって商用航空写真が不要になる未来が来るとMapboxのEric Gunderson氏がツイートしています。

コミュニティ

  • OpenStreetMap南アフリカは南アフリカ向けにOSMの地図を配信する新しいキャッシュサーバーが設置されたとツイートしています。キャッシュサーバーの配信先を表示する地図にも新しいサーバーが追加されています。
  • 藤村氏がSotM 2018 ミラノで行われたosm.orgのベクトルタイル化議論の要約とその分析を書きました
  • Twitterに似た無料のミニブログプラットフォームのマストドンにもOSMコミュニティが広がっています。現在フランス語英語のインスタンスが稼働中です。
  • マリ共和国のAmeddは8/13から18にかけてクーティアラ市でOSMとフリーなGISを扱うワークショップを開催しました。
  • OSM-RDCPotentiel 3.0が、洪水対策向けに3日間集中インフラマッピングを実施しました。

イベント

  • Christine Karch氏は10/20と21にカールスルーエで開催されるハックウィークエンドをアナウンスしています。参加したい場合はWikiページで参加表明できます。
  • UK Mapping Festival 2018は次回のカンファレンスについての記事を公開しました。冷戦時代にソ連がエージェントを使って秘密裏にロンドンの地図を作った技術やセンシング技術の進化、OpenStreetMapの概要などの発表があります。
  • SotM USのタイムテーブルが公開されました。

OSM人道支援

  • Youthmappersも人道支援マッピングに協力しています。
  • Missing Mapsがベトナム赤十字社に、自然災害対策向けのコミュニティマッピングの講習会を行いました
  • HOT社がNetHope社からITデバイス導入支援を受け、ペルーコミュニティに360度カメラを導入してマッピング講習を行いました
  • Code for ピッツバーグが2018 National Day of Civic HackingイベントでHOTチームと共同でハッカソンを開催しました。イベントではOSMが紹介されたのち、すぐさま災害地域の建物がマッピングされました。

地図

  • osm2pgsqlが新しくなったことにともない、エリアのレンダリングが厳密になったことに関してChristoph Hormann氏が解説記事を書きました。マッパーにとってはより高いレベルの品質管理が必要になり、データ利用者にとっては処理がやりやすくなります。今回の変更で一番目立つのはマルチポリゴンの消滅でしょう。技術の詳細は投稿記事で。
  • Wikimediaのマップフィーチャ改良プロジェクトが完了しました。現在のところ継続予定はないとのことです。プロジェクトの成果としては、OSM地図と多言語化、バックエンド安定化などが挙げられます

switch2OSM

  • ドイツのAmazonロジスティクスチームは配送計画にOSMデータを使用しているとのことで、ドイツ語フォーラムでデータの改善方法について相談しています

オープンデータ

プログラミング

  • [1] Biswesh Mohapatra氏はGoogle Summer of Code(GSoC)の中で行ったJOSMの公共交通機関編集プラグインPT_Assistantの作業を詳しく説明しています。彼は多くのバグを修正し、公共交通機関のルートや停留所などを追加するための便利な新機能を実装しました。この機能は公共交通機関のルート編集だけでなくサイクリングやハイキングのコースを編集する場合にもとても便利です。
  • Thomas Hervey氏はユーザー日記にGSoCで取り組んだiDエディタの改善作業について記事を書いています。彼はiDエディタで地図メモを編集できるようにした後、品質保証ツールKeepRightのエラーレイヤーを表示できるようにする作業をしています。
  • Princi Vershwal氏がGSoCの中で取り組んでいるiDエディタのベクトルタイルサポートについてmedium.comに記事を書きました。記事では基本的なレンダリング機能をどのように実装したのかが説明されています。

リリース

  • kocio氏はユーザー日記で標準地図スタイルOSM-Cartoの新バージョンリリースを発表しました。このリリースではleisure=タグとshop=タグのそれぞれ3つずつの値に新しいアイコンが追加され、水路と鉄道のラベル表示間隔などが改善されています。
  • Wambacher氏が運営するOSM Software Watchlistではほぼ全てのOSM関連ソフトウェアの更新情報が掲載されています。

ご存知でしたか?

  • Cartography Playgroundは地図描画技術に関する勉強ができるサイトです。
  • MapOSMaticはOSMデータを使って街の地図を生成するサービスです。地図には道路一覧、登山道、消火栓などを重ねて表示することもできます。
  • OpenInfraMapのタイルの更新頻度をLaurent Combe氏が尋ねています。
  • 監視カメラの監視をする地図
  • YouthMappersに参加している大学の一覧です。

メディア掲載

  • ブエノスアイレスのRZラジオでOSMマッパーのJuan Blas Tschopp氏がインタビューされました。OSM、Geochicasプロジェクト、SotMなどがトピックです。

その他の “ジオ” な事柄

  • Shaded Relief氏は新しい等面積疑似円筒投影法であるEqual Earth 投影法 を開発しました。グリーンランドは巨大でアフリカは小さいといった誤解をなくすためには、地球のいろんな場所を同じ面積で比較できるようにすることが必要です。記事では従来の等面積投影法と比較して、本手法の利点が述べられています。
  • Niantic社のポケモンGOは当初からOSMデータを使っていましたが、2017年から地図表示もOSMになりました。シカゴで開催された第二回ポケモンGOフェスティバルにあわせて、Niantic社CEOがこれまでを振り返る記事がGuardian紙に掲載されました。
  • ペンシルベニア州立大学が3Dの構内地図作成しました。大学外の部分はOSM地図が使われています。
  • 最高級の地図ポルノがAtlas Obscura誌に掲載されています。
  • Anna Katarina Martín氏がモンロヨ市(スペイン)の“音”地図をuMapで作成しました。Esparagon.es紙に掲載された記事によると、夏季滞在中に住民の助けを借りて音を集めたとのことです。これまでは気づかれなかったような日常のノイズに耳を傾けるきっかけになったと述べられています。

まもなく開催

場所 名称 開催日
高槻 みんなでエディタソン#01 2018-08-26 japan
デュッセルドルフ Stammtisch 2018-08-29 germany
ダルエスサラーム FOSS4G & HOT Summit 2018 2018-08-29-2018-08-31 tanzania
マニラ Maptime! Manila 2018-08-30 philippines
ロンドン Missing Maps Mapathon 2018-09-04 united kingdom
Praha – Brno – Ostrava Kvartální pivo 2018-09-05 czech republic
シュトゥットガルト Stuttgarter Stammtisch 2018-09-05 germany
ボーフム Mappertreffen 2018-09-06 germany
リヨン Rencontre mensuelle pour tous 2018-09-11 france
ベルリン 123. Berlin-Brandenburg Stammtisch 2018-09-13 germany
ミュンヘン Münchner Stammtisch 2018-09-13 germany
ポサーダス Mapatón de parajes y caminos 2018-09-15 argentina
ベルリン Berliner Hackweekend 2018-09-15-2018-09-16 germany
ブエノスアイレス State of the Map Latam 2018 2018-09-24-2018-09-25 argentina
デトロイト State of the Map US 2018 2018-10-05-2018-10-07 united states
バンガロール State of the Map Asia 2018 2018-11-17-2018-11-18 india
メルボルン FOSS4G SotM Oceania 2018 2018-11-20-2018-11-23 australia

Note: ここであなたのイベントを見たい場合は、カレンダーにそれを 入れてください。そこにあるデータのみが、週刊 OSM に表示されます。 カレンダー 内で都市や国に言及するのを忘れないでください。

This weeklyOSM was produced by Anne Ghisla, Nakaner, Polyglot, Rogehm, SK53, SunCobalt, derFred, k_zoar, muramototomoya.